スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

由比

 日曜日の午後、母親の実家がある静岡に向けて大鹿村を出発。
 中央道から東海環状道に入り東名高速に出る。
 予想よりちょっとかかって4時間程で到着。

 夜、親戚数人で近くの店へ行き夕食をご馳走になる。
 調子に乗ってワインを飲みすぎ久々にかなり酔っぱらった。
 どうにもならないぐらい眠かったので、ひと足先に寝かせてもらう。

 翌日、これも親戚数人で叔父の友人が住んでいる由比へ行く。
 国道1号を途中で曲がり、急な坂道を登っていくと叔父の友人であるOさんがやっている畑が広がっていて、その中に小屋とウッドデッキがある。

 台風が近づいている事もあって天気はいまいちだが、そのぶん涼しい。
 高台から海を望むと、遠くにかすんだ伊豆半島が見える。

009_convert_20090831221525.jpg

 準備をして皆でバーベキューをする。
 それから網を鉄板にかえてお好み焼きも焼く。
 さらにその後焼きソバと盛りだくさん。
 実は流しそうめんの用意もしてくれていたのだが、さすがにこれはやめておこうという事になる‥

 片付けをしてからOさんが由比を案内してくれる。
 最後は喫茶店でお茶をしてお別れする。
 みなさんのもてなしに感謝の2日間でした。

スポンサーサイト

テーマ : こんな事がありました!
ジャンル : ブログ

土はなぜ弧を描いているのか

 再生した土なんかを石膏や素焼きの鉢である程度乾かしたら、土をアーチ型にして置いておく。

001_convert_20090829163929.jpg

 こうする事で土が早く均一に乾くのだ。
 石膏や素焼きの鉢はどうしても鉢に接している面が早く乾くので、ある程度の固さになったら少し固い所とまだ柔らかい所を軽く混ぜて上の写真のように干しておく。

 急いでいる時は土を少量づつに分けてなるべく細くするとかなり早く乾く。
 ずらりと並べるとまるでミノムシの行進のように見える。

 たまに土を干しているのを忘れたりするとアーチ型のまま固い塊になってしまう。
 そういう時はぼとぼとと水が落ちるぐらい濡らしたタオルにくるんでビニール袋に入れ、また柔らかくしないといけない。
 「なにをやっとるんだ」という感じである。

 せっかく乾いた洗濯物をとりこむのを忘れて朝露で湿ったり雨に降られたりするのの逆だ。
 どちらもタイミングが大事という点では共通している。

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

穴あきジーパンの悲劇

 記事のタイトルに「~の悲劇」を使うのは今回で3度目である。
 いっその事シリーズ化しちゃってもいいんじゃないかと思うぐらいに、日常生活では些細な悲劇が起こる。

 この頃天気が良くて気温が高めだった事もあって、穴あきジーパンをはいていたのだが、気が付くと右ひざの大きな穴を中心に6カ所ばかり蚊にかまれていた。
 あまり痒くなかったのでいつからそんな事になっていたのか分からない。

じーぱん


 気持ち的には「そりゃないよ」と「そりゃそうだ」の中間ぐらいの感じ。
 僕が住んでいる所は比較的蚊が少ないのでそんなに何カ所もかまれるとは思っていなかったのだが、たしかにここ数日何匹か蚊は飛んでいた。

 蚊が寄ってきて困るのはロクロを挽いている時。
 手が泥にまみれているだけに叩く事ができないのだ。
 正確に言えば叩く事は出来るのだが、泥だらけの手でそんな事をしたらどうなるかは自明の理である。

 それでもあんまりしつこい奴がいた時には、服にとまった蚊を近い方の片手で叩く。
 自爆覚悟のチャレンジだが、ここまでやって逃げられた時にはけっこうショックだ。
 逆に見事に泥の一部にしてやった時は「ふふ、肉を切らせて骨を断つ」という心境である。

 その後に洗濯というおまけがついてくる事は言うまでもない…

テーマ : こんな事がありました!
ジャンル : ブログ

火事

 行く所があって大鹿村の道を走っていたら知り合いの人に会ったので、車の窓を開けて挨拶したら「あれ火事じゃないかな」と言うので見てみると、少し高台にある草のおい茂ったところが燃えていた。
 煙が上がっているのには気が付いていたのだが、村で煙が上がっている事なんてしょっちゅうだし、特に気にも留めていなかったのだ。

 車を回して、知り合いのSさんが火元近くの家の人に声を掛けてみたのだが家の人は留守。
 家の裏手の現場を見てみると火がだんだんと上の方に燃え広がってきていた。
 Sさんがすぐに役場に知らせる。その間に僕はバケツを探してそれに水を入れた。
 それから2人だけのバケツリレーで水をかけていった。

 たまたま上の畑にいた人がホースで水をかけてくれたので、登っていけないぐらい上の火も徐々に収まってきた。
 消防車が着く頃には火はほぼ鎮火。
 見てみるとほんの数分の間にすごい数の人が集まってきていた。
 後は役場と消防団の人に任せて、僕は行く途中だった所へ向かった。

 火事は家の裏でゴミを燃やしていたのが原因だったようだ。
 発見が比較的早かったのと、上の人がホースで水をかけてくれたのとでたいした事なくて済んだのでよかった。
 僕も外で火を燃やす事があるので気を付けなければ。

テーマ : こんな事がありました!
ジャンル : ブログ

殺虫剤

 今年も活躍中の殺虫剤。

tewyb@.jpg

 眠りを妨げる羽音のうるさい虫や、夜に明かりに寄って来た蛾などに使っている。
 特に有効なのは軒下にできてしまった蜂の巣を取る時。
 こいつを巣に吹きかけるとほとんどの蜂は落ちるかどこかへ飛んで行ってしまうので、その隙に巣を落としてしまう。

 でも蜂を駆除する時は気をつけなければならない。
 以前、工房の中を飛び回っていた蜂を駆除したら近くに巣があったらしく、次から次へと蜂が入ってきた。
 どういう方法でかは知らないが、蜂はピンチになったり攻撃する時に仲間を呼ぶので下手に一匹に手を出すとえらい事になる。

 なるべくなら殺さずに済ませたいものだが、実質的な害になったりなりそうな虫は駆除してしまう。
 そういう時は慈悲の心を捨てて鬼になるのだ。(ってそんな大げさなものでもないですが‥)

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

接続してはみたものの

 先日役場から配布された地デジチューナーを接続してみた。
 しかーし、画面が映らない…

 接続の方法を確認してみたが間違ってはいないようだ。
 仕方がないのでビデオデッキを飛ばして直接テレビに繋ぐと画面は映った。

 でもこれでは録画できないのでパソコンで調べてみたが、どうやらテレビに出力端子があるか、チューナーに出力端子がふたつないと旧来のVHSでは録画できない場合があるようだ。
 僕の場合どちらの条件も満たしていないので、地上デジタル放送の番組録画は無理っぽい。

 結局のところ今のビデオデッキを地デジ対応のDVDレコーダーに買い替えるのが近道なのだろう。
 チューナーをもらっても、録画ができないのでは意味がない。

 というわけで接続は元に戻してしまった。
 地デジチューナーの出番はもう少し先になりそうです。。

001_convert_20090825065907.jpg

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

ワールドグランプリ

 女子バレーボールのワールドグランプリ2009が終わった。

 決勝ラウンドで日本は1勝4敗で中国と並んだがセット率の差で最下位。
 全体では出場12カ国中6位だった。

 バレーボール全日本女子の試合を見るようになったのは前監督の柳本さんが監督になった頃から。
 なぜ見始めたのかは覚えていないが、見ていて惹かれるものがあった。
 当初はアナウンサーが実況で言っている専門用語が分からない事がけっこうあったので、バレーボールの本を買ってきてふむふむと勉強したりした。

 アテネオリンピックの最終予選はほんとに熱くて力が入った。
 テレビを見るうちに全日本の過去の歴史や選手の思いを知る事でより気持ちが入ったから。
 出場が決まった時は感動だった。

 新しい監督のもとで動き始めた選手達がどうなっていくのか、これからも見守っていきたい。

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

ひまわり

 僕が住んでいるのは大鹿村の北入という集落なのだが、今年その集落の人達で空いている畑にひまわりの種を蒔いた。
 それが先週ぐらいから満開になっている。

001_convert_20090823135212.jpg

 畑の周りは動物が入って荒らさないようにネットが張り巡らされていて中に入れないので、道路側のネットの上から写真を撮ったのだが、みんな見事に向こうを向いてしまっている。
 せっかく咲いているのにもったいないなぁ…

 ひまわりもたくさん咲いているのを正面から見ると「夏だ!」という感じがするが、少しうつむき加減のひまわりを後ろから見るとそこはかとなく哀愁が漂っている。
 お盆を過ぎてからだんだんと気温が下がってきて、今日の朝方は寒いぐらいだった。
 大鹿村の短い夏がもう終わろうとしている。

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

桟板

 昨日瀬戸に行った時、前に勤めていた会社に寄って社長にお願いし、桟板を譲ってもらった。
 実は今使っている桟板(作った物を載せておく板)も、工房を始める時に会社からもらった物だ。

 今日は天気もよかったので、さっそくもらってきた板を洗い、天日干しした。

001_convert_20090822152917.jpg

 工房を始める時にけっこうな枚数をもらったのだが、本焼き前になると素焼きした物・施釉した物・乾燥させた生地・削る前の生地などでいっぱいになって板が足りなくなる事があった。
 板もホームセンターなどで枚数を買うと高くつくので、もらえてとても助かっている。

 中には曲がったり反ったりしている板もあるが、そういう板も素焼きした後の物を載せる分にはそれほど問題ない。
 でも作ったばかりの物は曲がった板の上に置くと歪んでしまうので、ロクロを挽く時なんかはなるべく真っすぐな板を使うようにしている。

 桟板といえば上に載せた物を落としてしまう事がある。
 あの時の「あー」っという気持ちは、陶芸をやっている多くの人が経験しているだろうな。

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

抽選

 今日は夜勤明けでせともの祭りの抽選会に行ってきた。

   ↓抽選会が行われた瀬戸陶磁器卸商業協同組合の建物
001_convert_20090821214912.jpg

 せともの祭りへの申し込みはけっこう面倒で、瀬戸に3回も行かないといけない。
 申込用紙は郵送してくれず、直接取りに行かないといけないのでそれで1回。
 そのあと申し込みのためにもう一度行き、別の日に抽選が行われる。

 昔に比べると規模が小さくなってきたようだが、それでも祭りの2日間はたくさんの人が訪れる。
 瀬戸の駅前は万博と前後してずいぶん様変わりした。
 僕が瀬戸にいた頃がちょうどその時期に当たる。

 瀬戸の製陶所で働いていた時に、仲間数人で初めてせともの祭りに参加した。
 去年は友達と2人で出店し、今年もその友達と一緒にやる。
 店番や準備と片付け、金銭面などを考えるとこれぐらい大きいイベントは何人かで出した方がやりやすいし、その方が楽しい。

 開催は9月の第二土曜・日曜。
 詳しい事はまた後日。

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

5000アクセス

 ブログを始めて8カ月ちょっと。
 おかげさまでアクセス数が5000を超えました!

 始めた当初思っていたよりも早く1日平均の閲覧者数が増え、たくさんの人にこれだけの回数見てもらえた事は単純に嬉しいです。
 陶器工房「日中月心」というタイトルにもかかわらず日々の暮らしに関する記事が多いですが、これからは僕の作った作品もちょっとづつ紹介していきたいと思っています。

 なにはともあれ(そういえば「なには友あれ赤井英和」という番組が昔あったなぁ)引き続きよろしくお願いしますm( _ _ )m

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

地デジチューナー

 役場に地デジチューナーを取りに行ってきた。

001_convert_20090819154704.jpg

 大鹿村では村役場から全戸配布される事になっている。
 それぞれの地域の担当者が届けてくれるのだが、僕の場合、平日は昼夜逆転の生活をしている事が多いので自分で取りにいかせてもらう事にした。

 高齢化が進む村ではチューナーを買いに行ったり取り付けたりする事がなかなかできない世帯もあるだろうし、一括購入する事で多少は安く買えるだろう。
 この前は義務化された火災報知機も全戸に配布された。
 こういう行政サービスは村ならではですね。

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

杵と臼

 削りカス以外の再生用の土が溜まっていたので、砕く作業をした。

001_convert_20090818135812.jpg

 削りカス以外というと、削りで失敗したやつとか、ロクロを挽いた時のドベ(泥)とか、塊のまま乾いてしまった土なんかである。
 そういうのを臼に入れて杵でつく。

 土を砕くためのスタンパーという機械があるのだが、けっこうな値段で買えないので手作業に頼らざるをえない。
 この作業はなかなか大変で、ずっとやっていると腕が痛くなるし、へたをするとマメができたり皮がめくれたりする。

 なぜ苦労して土を細かく砕かなければならないのかというと、塊のまま水に溶かすとダマになってしまうからだ。
 特にキメの細かい土はちゃんと砕いておかないと水が浸透しない。
 ダマが残っていると成形する時に作りにくいのだ。

 そういうわけでせっせと土を砕いていた。
 あとはゴミバケツに入れておき、適量ずつ水に浸けて再生させていくのである。

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

涼しい夏

 ここのところ天気のいい日が続いたので制作の方がけっこう進んだ。

 雨の日が続くと丸2日かけてちょうど削り頃になるぐらいなので、なかなか仕事が進まなかったりする。
 そういう時に調子に乗って作りすぎると晴れた日にいっぺんに乾いてしまい、乾燥しすぎないようにビニールで包むという面倒な作業をたくさんしなければならなくなる。

 物がやっとたまったので久しぶりに素焼の窯を焚いている。
 ありがたい事に待ってもらっている注文品がいくつかあるので、8月中には仕上げたいところ。

 それにしても今年の夏は涼しいような気がする。
 去年は陶芸をやる気も起きないような暑い日がけっこうあったような気がするが、今年は雨や曇りの日が多いせいかそれ程の暑さを感じない。
 暑いのはイヤだが、「勘弁してくれよ」というぐらいの暑さを感じないと"夏"という気がしない。

テーマ : 雑記
ジャンル : ブログ

蚊帳

 家の2階を自分の部屋にしているので普段は2階に寝ているのだが、夏は熱がこもって暑いので下の部屋に蚊帳を吊ってそこで寝ている。

003_convert_20090816210725.jpg

 この部屋には直接陽が当たらないので、夏場でも涼しい。
 蚊などの虫がけっこういるので蚊帳は必須アイテムだ。

 それにしてもお盆に入ってからどうしてこんなに眠れるのかと思うぐらいよく寝ている。
 1日の半分以上は寝ているような気がする。

 寝正月ならぬ寝盆である。

テーマ : 雑記
ジャンル : ブログ

花火

 お盆休みを利用して、友達が子供と一緒に来てくれた。

 松川インターまで迎えに行き、近くの温泉へ。
 お風呂は洗い場がうまるぐらい混んでいた。
 それから近くのお店で食事をし、スーパーで買い出しをしてから大鹿村へ。

 大鹿村では夏祭りをやっていたので、車を置いて会場まで歩く。
 出店なんかをひと通り見た後、先日の記事に書いた「さくら組」さんのお店へ。
 移動中に花火が上がり始める。

006_convert_20090815230813.jpg


 去年と一昨年は家にいたため、大鹿の花火を見るのは僕も初めて。
 山間に「ドーン」という音が響き、目の前で花火が上がる。
 会場を離れれば人も少なく、ゆったりと楽しむ事ができる。
 用意してもらった料理をつまみながら、イスに腰掛けて花火を堪能した。

 花火が終わってから家に帰り、ビールを飲みながら話をする。
 いろいろとしたかった話ができてよかった。

 友達は黒部ダムへ行くという事で、今日の朝早くに出発。
 お盆のいい思い出ができた。

テーマ : こんな事がありました!
ジャンル : ブログ

地震

 夜勤のバイトの終わりがけに地震がきた。

 僕は工場で働いているのだが、中に据え付けてある機械がけっこう揺れていたので緊急停止ボタンで止めた。
 休憩室のテレビでニュースを見ると"震度3"との事。
 たまたまその時テレビを見ていた同僚によると、「緊急地震速報」が出てすぐに揺れたらしい。

 これから台風も来るようだが長雨で地盤も緩んでいるようだし、また土砂崩れが起こって道が塞がらないかちょっと心配なところである。

テーマ : こんな事がありました!
ジャンル : ブログ

雨の悲劇

 今日、起きてみると雨が降っていた。
 そして外に出てから気づいたのだが、車の窓を開けっぱなしだった。
 おーの~!

001_convert_20090810103805.jpg

 夏は暑いので窓を開ける機会が多い上に、車内に熱がこもるので窓を開けっぱなしにしておく事がけっこうある。
 天気のいい日は換気のためにすべてのドアを開けておく、なんて事もわりとやる。

 おかげで運転席の右側がしっとりと湿っていた。
 しっとりするのはお肌ぐらいにしてほしい。

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

あおぞら市

 今年も大鹿村であおぞら市が開かれています。

001_convert_20090809140111.jpg

 やっているのは毎週日曜日、朝の8時頃から正午ぐらいまで。
 大鹿村内でとれた新鮮な野菜や果物をとても安く買う事ができる。
 僕も陶器を置かせてもらっています。

004_convert_20090809140323.jpg 003_convert_20090809140248.jpg 002_convert_20090809140214.jpg

 地元の人も買いに来てくれるし、場所が観光案内所の隣なので観光で来ている人もけっこう寄っていってくれる。
 僕はこっちに越して来てまだ2年ちょっとなので、村内の人に顔を覚えてもらいういい機会になっているし、村外の人にも工房の事を知ってもらえる場になっている。

 あおぞら市をやっている期間は食材が格安で手に入るのでありがたい。
 それに店番をしていると試食用の物もつまめるし、差し入れを持ってきてくれたり売れ残った野菜をくれたりする事もあるのでそれも嬉しいところ。

 9月いっぱいまでほぼ毎週やってます。

テーマ : お知らせ
ジャンル : ブログ

新装開店

 本日、大鹿村さくら組のお店が移転オープンしました。

006_convert_20090808150530.jpg

 場所は大河原の郵便局の隣。
 開店時間は午前9時~午後5時で、火曜・水曜が定休日です。

 出来たばかりのウッドデッキを上がると右手に大鹿村でとれた野菜。
 奥にはお土産品が置かれていました。 
008_convert_20090808151040.jpg

 靴を脱いで上がると右の部屋は手作り道場になっており、ここでは蔓編み体験のほか、自分で道具を持ち込んで裁縫や刺繍などの作業ができます。
010_convert_20090808151224.jpg

 左の部屋は展示スペースで、さくら組さんの手拭いやそれを利用して作ったバッグやエプロン、蔓編みの籠などが並べられています。
009_convert_20090808151130.jpg

 オープンから1か月の間は、僕の陶器も置かせてもらっています。
003_convert_20090808151307.jpg

 建物の中も外も手を入れる前とはみちがえるように綺麗になりました。
 観光で訪れた人が立ち寄ってくれて、村内の人が気軽に集まれるような場所になればと思います。

テーマ : お知らせ
ジャンル : ブログ

残業

 ついこの前までバイトの仕事がヒマで、自分の仕事が終わると違う仕事の手伝いをする(と言ってもやる事はそれほどない)状態だった。

 ところがお盆休み前という事で急に忙しくなって、ここ2日は久々に残業した。
 ヒマな時のペースに体が慣れていたせいか、定時までびっしりと仕事があるだけでもけっこうしんどいが、その上残業まであるとけっこう疲れる。

 それほど忙しくない時は時間内にできなかった物は残したりしていたが、今回は空気を読んですべて片付けるようにしております。
 陶芸の方も注文品を作るのでいっぱいいっぱいという状態…になればいいんだが。。

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

高野山クラフトキャンプの2日間

 一日目。
 やっとセッティングが終わったと思ったら雨が降ってきたので、展示を雨仕様に変更する。

003_convert_20090803230521.jpg

 とにかく眠くて居眠りばかりしていた。(おいおい…)
 予報ではもっと雨が降りそうだったが天気はわりによくて、太陽が顔を覗かせると暑かった。

005_convert_20090803231244.jpg 004_convert_20090803231133.jpg

 一日目は日没までという事になっていたので6時ぐらいまで粘っていたが、そのうちうろついているのがほとんど出展者という状況になってきたので片づけをした。

 今回はマンガ喫茶の場所を調べていなかったので、こっちに来る途中で見つけた奈良のマンガ喫茶まで車を走らせる。
 ブログを更新して明日の天気を調べ、マンガを読んでから出展者用駐車場に戻ってそこで車中泊。

続きを読む

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

視力

 今日はバイト先の健康診断に行ってきた。
 今年も視力は両目とも1.5を維持していたのでよかった。

 昔から目は良くて、前に2.0まで調べられる機会があった時は2.0だった。
 薄明かりの中で本やマンガを読んだり、テレビもけっこう見るし、以前はテレビゲームもよくやっていたが全然目が悪くならない。

 視力が良くて悪い事というのはまずなくて良いことばかりなのでこのまま維持したいところだが、やはりいつかは落ちてくるだろう。
 目がいい人は急にがくっと視力が落ちるとも言うみたいだし、その辺はちょっと心配している。

 僕の目は動く物に敏感なようで、自転車で走っていてアリが横切ったりすると避けて走る。
 人に話すと「ウソやろ~」などと言われる事がけっこうあるが、ホントです。
 あと車でバックミラーに何かをぶら下げている人が結構いるが、僕はあれは無理。
 運転中に視野の中で何かがブラブラしていたら気になって仕方がない。

 運転中に前の車のカップルがラブラブだったりすると、これも気になって仕方がない。
 すいません、話が飛びました…

 なにはともあれ、健康診断で「上」とか「左」とかすらすら答えていくのは気持ちのいいもんだ。
 いつまで維持できるかわからないが、ぜひ視力は保っていきたいところである。

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

高野山への道

 「高野山クラフトキャンプ」に出展するため、前日に京都入りして実家で休み、深夜に和歌山へ向けて出発する。

 国道24号線をひたすら南へ。
 奈良を抜けて和歌山に入り、高野山への坂道を上がっていく。
 道の狭さはどうってことないが、傾斜がきつく急カーブが多い。

 途中で背広を着て革靴で歩いている人がいてビックリした。
 いったいどこへ向かっていたんだろうか?
 それ以前になぜ徒歩なのか、そしてなぜ背広なのか。
 なぞである…

 予想よりもずいぶん早く着きそうだったので、途中で車を停めて母親が持たせてくれた弁当を食べ、運転席でひと眠りする。
 荷物を積んでいる時は後ろで寝られないのがつらいところ。
 運転席だと普段は疲れていても眠れなかったりするが、寝不足だったので2時間も眠れた。

 再び車を走らせ、搬入開始時刻ぴったりに会場に到着。
 まだ搬入している出展者が少なかったので、よさそうな場所を選んでそこに荷物を降ろす。
 出展者用駐車場に車を移動してからテントを張ってディスプレイした。

 2日間の様子などはまた後日!

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

プロフィール

atiron

Author:atiron
名前:乗田 忠明
生年:1977年
出身:京都市左京区

カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
村民です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。