スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引き出物納品

 友達が注文してくれた引き出物の納品に行ってきた。

 渋滞を見越して少し早めに京都の実家を出る。
 混雑する市内を抜けて神戸へと向かう。

 途中有馬温泉の辺りを通って友達の家に到着。
 桐の箱は柔らかく、ちょっとぶつけただけですぐに凹んでしまうので慎重に家の中まで運んだ。

DSCF1977_convert_20101129174026.jpg

 全部で60個近くあったので梱包は非常に苦労した。
 中には僕の陶歴と作品を解説した紙が入っている。

 今回頼んでもらったのはマンガン釉の楕円皿。
 クラフトフェアに奥さんと一緒に来てくれた時にマンガン釉の作品を買ってくれて、それがいい感じだという事で僕に制作を依頼してくれた。

DSCF1979_convert_20101129173945.jpg

 やはり引き出物の注文はとても気を使う。
 なにせ一生に一度の事だものね。

 受け取った人が気に入って使ってくれるといいなぁと思う。
 そして、後日感想を聞いた友達と奥さんが喜んでくれたら嬉しい。

スポンサーサイト

テーマ : こんな事がありました!
ジャンル : ブログ

紅葉の京都

 注文品を引き渡しに関西へ行ってきた。

 まずは京都の実家へ寄ろうと京都東インターを下り、最初の信号での車の多さに「そういえば紅葉の時季だな」と思い出した。
 春と秋の京都は大変混雑するのである。

 蹴上の辺りから、道は人だらけ。
 バス停なんかは人気のあるラーメン店ぐらい人が並んでいた。
 京都は観光客が減少していると言われているが、減ったぐらいでちょうどいいような気もする。

 僕が瀬戸に住んでいた頃、職場でかかっていたCBCラジオに出演していたばんばひろふみ(実家が京都の東山)が桜の時季に「今年の京都は桜が咲いていないらしいですよ」と冗談を言っていた。
 観光地周辺に住んでいてお店をやっていない人にとっては、観光客が増える時季の苦労がいろいろとあるのだと思う。

 人に聞いた話だが、京都在住の人がタクシー会社に電話して「○○まで一台お願いします」と依頼したところ、「道が混んでいてあまりに時間がかかるから、駅まで送るので電車で行って下さい」と言われたそうである。
 競争の激しい京都のタクシー会社にそう言わせる混雑というのはなかなかのもんです。


 次の日にお墓参りに行ったのだが、帰りの三条通りの西行きはかなりの混み具合。
 いつもならすぐに曲がれる交差点を曲がるのにかなり時間がかかった。

 その日の夜に帰ったのだが、どこかでライトアップでもしているのか暗くなってからもけっこう人通りが多かった。
 京都はすごいなぁと改めて感心した帰省であった。

新聞部員会

 夜、村の交流センターで新聞部員の部員会があった。

 今期から大鹿村公民館の新聞部員を務めさせてもらっている。
 前回発行された「官報おおしか」には僕の記事も載せていただいた。

 「官報おおしか」は村内の行事や人や活動なんかを記事にした新聞である。
 その歴史は古く、第一号の発行は昭和二十四年だ。

 そんな官報を作るための会議なのだが、半分以上は雑談だったりする。
 しかし、その雑談の中に出てくる大鹿村にまつわる話がとても興味深い。

 今、昔の官報をまとめた分厚い復刻版をお借りしているのだが、これを見ていても大鹿村の持つ歴史の奥深さを感じる。
 大鹿村にあるいろいろな物や起こった出来事のちょっとした裏話は面白い。

 村で産まれ育った人や村に長く住んでいる人はいろんな事を知っていて、そういう人達の思い出とか知識が村の中にはたくさん埋もれているのだなぁと妙に感心してしまうのである。

 ちなみに次回発行の官報では僕の出番はありません。。

譁ー閨樣Κ蜩。莨喟convert_20101124205620

テーマ : こんな事がありました!
ジャンル : ブログ

くっついた…

 年内最後の窯出しが終わった。
 今度の三人展に持っていく作品や、注文品や、陶芸体験の作品や、焼き残していた物なんかを入れた雑多な窯になった。

 その中に新しく調合した灰釉の作品もあったのだが、これが見事に流れてしまった。
 温度が低いとキレイに溶けないので温度の高い所に入れたのだが、今回の窯はいつもより高めの温度で焼いたのもあってだーだーに流れてしまったのだ。

譽壽攸_convert_20101123173430

 くっついてしまったやつはマイナスドライバーと金槌で取る。
 きれいな方の棚板だったのに…

 手間がかかるのでついつい省いてしまうが、やっぱりちゃんと対策をしておかないといかんね。
 一定の温度を超えてしまうとサッと流れてしまう灰釉の怖さを思い出した出来事であった。

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

土鍋三兄弟

 先日窯から出した新作の土鍋。

DSCF1969_convert_20101122190355.jpg

 土鍋を作るのはこれが2回目。
 去年作った土鍋の反省点を踏まえて作ってみた。

 前回作ったのは重くて底が丸過ぎたので、今回は軽量化して底を平ために作った。
 外側の釉薬を掛ける範囲を少し少なくし、釉薬にはペタライト(この鉱物を入れると急熱急冷に強くなる)を入れた。

 ↓三男のアップ
DSCF1970_convert_20101122190431.jpg

 普段蓋物をほとんど作っていないので、こういう物を作る時はそこが難しい。
 長男だけちょっと噛み合わせが悪くなってしまった。

 土鍋は時々「欲しい」とか「作ってないの?」という声をいただくので、今後も作ってみたいと思っている。
 年に一回ぐらいのペースになりそうだけど。。

テーマ : つくりました
ジャンル : ブログ

年賀状2011

 来月に入ると時間があまりなさそうなので、早くも年賀状を書いた。

DSCF1963_convert_20101121143128.jpg

 一度ほとんど出さなかった年があってその時にかなり数が減ったが、展示会の案内なんかを送るうちにまた増えてきて今ではだいたい50枚ぐらいに落ち着いている。

 今までも少なくとも年内には出していたが、こんなに早く書いたのは初めてだ。
 年賀状の受付は15日からのようなので、それを過ぎたら出そうと思う。

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

ボジョレー・ヌーボー

 先日、ボジョレーの解禁日にちょうどスーパーに行ったらずいぶんたくさん並んでいた。
 ちょっと迷ったが結局その日は買わなかった。

 今日、別のスーパーに行って買ってきた。

ボジョレーヌーボー

 一番安いやつにしたのだが、さすがに味も安かったです。

 あと、入れ物が最近増えているという噂のペットボトルだった。
 やっぱりワインは瓶にコルクがいいと思います。

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

三つの種

 ども、来年に向けていろいろな事をゴソゴソとやっている乗田です。

 12月3日(金)~9日(木)まで千葉県千葉市中央区の「街角ギャラリー どち」で3人展を開催します。
 展示会名は「三つの種」。
 参加作家は木本英博(木工)・鑓田英樹(ガラス)・乗田忠明(陶器)です。

 木本さんの屋号は「古工房」。
 鑓田さんは「イチゴ硝子」。
 僕、乗田は「日中月心」です。

 開催時間は9:00~19:00で、最終日は16:00までとなっています。
 アクセスはJR「西千葉駅」か「千葉駅」から徒歩10分程度。
 京成千葉線「西登戸駅」から徒歩5分程度です。

 駐車場は1台分だけあります。
 近くにコインパーキングもあるようです。

DSCF1959_convert_20101116175404.jpg

DSCF1958_convert_20101116175321.jpg

 今回のDMは僕が担当させてもらい、知り合いに頼んで作ってもらったのですが、校正の段階で見落としがあり鑓田さんの名前を間違えてしまいました。
DMでは"秀樹"となっていますが、正しくは"英樹"です。
 この場を借りて改めてお詫びします。


 初めてとなる関東での展示会。
 どれぐらいの反応があるのかまったく読めませんが、楽しみでもあります。

 僕は期間中ずっと会場にいます。
 ぜひ会場にお越し下さい!

テーマ : お知らせ
ジャンル : ブログ

銅メダル!

 世界バレーが終わった。
 日本は32年ぶりのメダルを獲得。
 素晴らしいプレーとともに結果も残してくれた。

 昨日も7時からテレビの前で観戦。
 3位決定戦のアメリカとの試合だ。

 日本は1セット目を落とす苦しい立ち上がり。
 2セット目を取ったものの、3セット目を落とし後がなくなる。
 しかしここから2セットを連取し逆転での勝利を掴んだ。

 今大会で一番成長したのは江畑だろう。
 個人的には迫田をもっと出してほしかったのだが、眞鍋監督の信頼が厚く、ほとんどの試合でスタメンだった。
 代表にデビューした頃の荒木も見ていて分かるぐらいに成長していったっけなぁと思い出す。

 木村は得点ランキングで2位に入った。
 彼女がここまできたのは前監督の柳本さんが使い続けたというのもある思う。
 国際試合での経験というものの大きさを感じた今大会だった。

 それにしても、佐野のレシーブは相変わらず凄かったなぁ。
 一度引退した山本も頑張っていた。

 長い期間に渡っての大会だったが、今回も熱くさせてもらった。
 ありがとう、火の鳥NIPPON!

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

読書の秋

 秋の初めに某木工作家さんから本をたくさん借りたので、時間を見つけては読んでいた。

読書の秋

 寝る前や出展の時の待ち時間に少しずつ読んでいる。

 中でも骨太な作品だったのは高村薫の「レディ・ジョーカー」。
 以前からなんとなく題名に惹かれて興味があったのだが、某木工作家さんの家にあったので最初に借りた分とは別に追加で持ってきてもらった。

 "作家"としての筆力を感じる作品で、これを書くまでにすごい量の取材をしたんだろうなと想像した。
 今まで読んだ中で一番長い物語であった。

 借りた本で読んでいないのがあと5冊ほど残っている。
 初冬に入っても読書は続きそうだ。

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

映画撮影

 今日は大鹿村の大磧神社で映画の撮影があった。

DSCF1954_convert_20101113182724.jpg

 歌舞伎のシーンの撮影だったのだが、春と秋にある定期公演と同じ感じにしたいということで、何軒かお店も出る事になり、僕も声を掛けていただいた。
 朝8時に搬入を終えて、しばらく撮影の準備なんかを見学する。
 僕の他にはコーヒー・手拭い・五平餅・土産物などの店も出ていた。

DSCF1955_convert_20101113182803.jpg DSCF1956_convert_20101113182836.jpg

 9時から観客役であるエキストラの人達が入り始める。
 その後3段階に分けて計700人近くの人が撮影の為に集まった。

 撮影の序盤で会場に来ていた松たか子さんを発見。
 テレビで見るより綺麗な人でした。

 会場が湧いたのは三國連太郎さんが会場に現れた時。
 この日は最後にちょこっとだけの登場だったが、姿を見せただけで拍手が巻き起こった。

 長い撮影が終わり、エキストラの人達が帰り始める。
 「ブログ見てます」と声を掛けてくれた方がいらっしゃった。
 皆さんもどこかで見かけたら声を掛けて下さると嬉しいです。

 声を掛けて下さったり、こちらから声を掛けたりする人がたくさんいて、「この村に来て3年半以上が経ったんだなぁ」と時間の積み重ねを感じた1日でありました。

テーマ : こんな事がありました!
ジャンル : ブログ

バレー観戦

 ここ数日ずっと迷っていたのだが、東京の友達がタイミング良く海外から帰ってきたのもあって世界バレーを見に行く事にした。
 決断したのが9日の午後5時だったので、それから急いで仕度して家を出る。

 平日なので高速を使わずに下道で行く。
 家から北に向かう道が通行止めになっているので、いつもなら1時間で行ける地点まで行くのに2時間弱かかってしまう。

 茅野市に入ってからローソンでチケットを購入。
 初めて「Loppi」を使ったが、便利だね、あれは。

 途中でトラックに引っかかったりしたにも関わらず、思ったよりも早く6時間ほどで友達の家に到着。
 運転中に出たアドレナリンの為か眠くなかったので、近くのコンビニでツマミを買ってきて友達と酒を飲んでから寝る。


 翌朝、友達の家を出てJRの原宿駅へと向かう。
 改札を出て少し歩き、歩道橋を上がると国立代々木競技場の第一体育館が見えてくる。

DSCF1927_convert_20101111233036.jpg

 会場付近は人影もまばらで閑散としている。
 入口へ向かう。

DSCF1930_convert_20101111233740.jpg

 ここで簡単な荷物チェックがあり、その後入場券を見せる。
 入口付近にはJTのブースやグッズ販売のブースなどが並んでいた。

 自由席の2階スタンドへ上がり、とりあえず腰を落ち着ける。
 平日という事もあって午前中の会場にはほとんど人が入っていない。

 パンフレットに目を通していると、第一試合のペルー対中国の試合が始まる。
 やはり今大会の中国は本調子ではないようで、いまいち精彩に欠けていた。
 10数人ほどいたペルーの賑やかな応援団が楽しそうに応援していたのが印象的だった。

 あまりにガラガラだったので、第二試合のポーランド対トルコ戦からは指定席の1階スタンドへ移動して見る。
 世界ランキングはポーランドが上だが、好調なトルコとは実力伯仲でいい試合になった。
 この試合ではトルコのファンが熱い声援を送っていた。

 第三試合はセルビア対韓国。
 少しづつ観客が多くなってくる。
 次はいよいよ日本の試合。

続きを読む

テーマ : こんな事がありました!
ジャンル : ブログ

ええいっ、行くぞ!!

という事で東京に来ちゃいました。

何しに?って、あれを見にですがな。

詳細は後日!

「くらふとフェア蒲郡」での出展

 またしても金曜日に起きるのが遅くなってしまったので夜になっても眠くならず、缶ビールを一本空けてから酔いに任せて仮眠。

 早朝4時半に家を出発。
 予定通り7時半過ぎに会場付近に着く。
 場所が分からなくてちょっと迷った。

 いつものように準備をしてからお客さんを待つ。

DSCF1920.jpg

 昼前にいとこが子供を連れて遊びに来てくれる。
 相変わらずやんちゃな男の子2人に振り回されながら1日が終わる。

 片付けを終えた後、いとこの車に乗せてもらって豊橋の家へ。
 ひと休みしてから焼肉を食べに行く。

 3月に出展した時にもいとこと食事に行ったが、今回は子供達が途中で帰ったのもあっていろいろと話ができた。
 それこそ生まれた時から付き合いはあるけれど、こうしてじっくりと話をする機会というのは今まで無かったので貴重な時間になった。

 お風呂を借りてからぐっすりと眠った。

続きを読む

テーマ : こんな事がありました!
ジャンル : ブログ

冬季休業のお知らせ

 12月1日~3月31日まで、陶器工房「日中月心」は冬季休業します。
 休業期間中は(密かにやっている)陶芸体験・ネットショップ・注文品の受付を休止させていただきます。

 この4カ月間は寒さで土が凍ってしまう可能性がある為、作業が困難になります。
 これまでは冬場もなんとか作業できるようにと試行錯誤してみたのですが、あまりに効率が悪く仕事にならないため、この冬はアルバイトに専念する事にしました。

 12月中旬から3月中旬までは白馬のスキー場で働く予定です。
 しっかり稼いで来年に備えます。

テーマ : お知らせ
ジャンル : ブログ

一番蔵

 飯田に今日オープンした「ギャラリー&ショップ 一番蔵」に行ってきた。

DSCF1914_convert_20101103210952.jpg

 古い蔵を改装したお店で、雑貨・食器・キッチン用品などが並んでいる。
 市内でイベントが開催されていた事もあってとても賑わっていた。

 今年参加した「くらふてぃあ杜の市」で、このギャラリーを運営している某企業の社長さんが気に入って下さり、僕の作品を委託で置いていただける事になった。

DSCF1915.jpg

 こんな素敵なギャラリーに置いていただけるとはありがたい。
 そして、地道に続けてきたクラフトフェアでの出展がこういう形で繋がってとても嬉しい。

 我がライバル(←と勝手に思っている)hassyさんの陶器も並んでいる。

DSCF1916_convert_20101103210332.jpg

 皆さんぜひ「一番蔵」を訪れてみて下さい!


  GALLERY&SHOP 一番蔵
 〒399-0043 長野県飯田市通り町2-1
 TEL:0265-53-1147
 営業時間 AM11:00~PM6:00
 ※定休日はまだ決まっていませんが、木曜日になりそうです。

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

くらふとフェア蒲郡

 ども、仕事で大きなミスをして凹んでいる乗田です。

 11月6日・7日(土・日)に愛知県蒲郡市の海陽多目的広場で開催される「くらふとフェア蒲郡」に出展します。
 開催時間は6日が10:00~16:00、7日が9:00~16:00で雨天決行。
 会場はラグーナ蒲郡の西側です。

 今年のクラフトフェアの出展もいよいよこれで最後となります。
 いろいろな所に行った1年だったなぁ。。

テーマ : お知らせ
ジャンル : ブログ

「高遠城址クラフトハーツ」での出展

 土曜日、眠い目をこすりながら会場へと向かう。
 だいたい予想通りの時間に会場に到着。

 番号の書かれた紙をもらって搬入口の手前で待機。
 けっこう待ってから中に入る。

 搬入・車移動・展示。
 今回は雨降りが確実だったので、最小限の荷物にした。

 雨は降っていたが、風はそんなに吹いていなかった。
 気温が低い上に搬入で濡れたのでかなり寒い。
 正午まで粘ろうと思っていたが我慢できず、早々に店じまいして帰る。

 出展が終わってから寄ろうと思っていた場所がいくつかあったので、帰りに寄って買い物を済ませる。
 家に帰ってからも、月曜日に回そうと思っていた用事を片付けられたので助かった。

続きを読む

テーマ : こんな事がありました!
ジャンル : ブログ

プロフィール

atiron

Author:atiron
名前:乗田 忠明
生年:1977年
出身:京都市左京区

カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
村民です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。