スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬のミニ個展

 ども、ブログの更新回数が減っている乗田です。。

 ようやく2月の展示会概要が固まりましたのでお知らせします。
 2012年2月10日(金)~19日(日)まで、京都市左京区の「ギャラリー道半」で「冬のミニ個展~乗田忠明陶展 in ギャラリー道半~」を開催します。
 開催時間は10:30~18:00で定休日は月曜日です。
 但し、15日(水)は臨時休業となる可能性がありますのでご注意ください。
 作家在廊日は10日~12日と18・19日となっております。

 「ギャラリー道半」ではスタッフが制作した陶器がとても手頃な価格で販売されている他、陶芸体験もできます。
 併設のカフェでは軽食や飲み物などを提供しているのですが、お薦めは「海のあんみつ」。
 これはお世辞抜きでおいしいです。

 実はここの陶器を作っている工房で専門学校時代に働かせてもらっていました。
 学校では学べない実践的な事をたくさん教えてもらった工房です。
 今もその時の同級生と先輩がスタッフとして働いています。

 どうぞ気軽に足を運んでください。
 お待ちしております!



          ☆ギャラリー道半

 〒606-0833 京都市左京区下鴨前萩町13 木村ビルB1F
      電話:075-702-1657
  京都市営地下鉄烏丸線「北山」駅1番出口から徒歩1分

スポンサーサイト

テーマ : お知らせ
ジャンル : ブログ

坂上がれず‥

 先日、雪が15cmぐらい積もった。
 気温が低い時に降ったので、サラサラのパウダースノウ。

 その後また雪が降ったが、今度はベタベタとした重い雪だった。
 除雪が面倒なのでほったらかしにしておく。

 やはりというか昨日のバイト帰りに家までの坂を途中までしか上がれず、車を下に停めて歩いて上がる事になる。
 車に常備している懐中電灯を点けてみたが、電池が切れかけで光が弱い。。
 月の出ていない暗い中を仄かな灯りを頼りに上がる。

 去年は白馬にいたので、こうしてこの坂を歩いて上がるのは2年振り。
 車だとすぐの距離でも歩くとけっこう大変だ。
 一歩一歩体力を奪われていく感じがする。

 今日になってもう一度車で登ろうとしてみたが、昨日より数10メートル進んだ所でストップ。
 仕方がないので引き返し、家まで戻ってスノウスコップで除雪。
 何度も休みながらなんとか片方の轍部分だけ雪をどけた。

 もう片方の轍をやる体力と気力が無かったので、とりあえずもう一度車で上がる事に。
 ちょっと勢いをつけて上がってみたらギリギリ上がる事ができた。

 明日はやり残した部分の除雪をして、できれば塩カルを撒く予定。
 今夜気温が低くならない事を祈っております。

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

古工房さんの棚

 先日、展示会の最終日に古工房さんが来て下さり、注文していた棚を納品してくれた。

DSCF2582.jpg

 昨年11月に開催した二人展「二つの萌芽。」の時に古工房さんがこんな感じの棚を使っていて、その時に気に入ったので注文させてもらった。
 古さんが使っていたのは4段だったがそれを5段にしてもらい、自分が普段使っている棚板が差し込めるように寸法を取ってもらった。

DSCF2583.jpg

 棚板を差し込むと↑のようになる。
 泥が付いたままの棚板を差し込んだのでさっそく汚れてしまった…

 外で使うとどうしても痛むのが早いので、室内専用にしようかなと考え中。
 デビューはちょっと先になりそうです。

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

「乗田忠明陶展~道半ば~」会場風景

 こないだブログを書いた時は画像データが読み込めなかったので、遅ればせながら会場の様子を画像で紹介します。

 乳濁釉シリーズ
DSCF2568.jpg

 柿釉・青磁釉・灰釉シリーズ
DSCF2569.jpg

 その他諸々
DSCF2570.jpg

 柿釉           灰釉           青磁釉
DSCF2574.jpg DSCF2575.jpg DSCF2576.jpg

 深緑釉          黄釉           緑釉
DSCF2577.jpg DSCF2578.jpg DSCF2579.jpg

 一輪挿し・徳利など    トルコ瑠璃
DSCF2580.jpg DSCF2581.jpg

 壁に掛かっているのは陶板。
 しばらく陽の目を見ていなかったが、千葉では出していなかったので今回持っていった。

テーマ : こんな事がありました!
ジャンル : ブログ

「乗田忠明陶展~道半ば~」後編

 展示会3日目。

 知り合いや、ギャラリーの常連さんが来てくださる。
 今は千葉に住んでいるフリーター時代の友人夫婦が来てくれて嬉しかった。

 夜は近くのスーパー銭湯に行った後、千葉の街をぶらぶらしてみるがやはり街中はちょっと落ち着かない。
 帰り道に見つけたラーメン屋さんで夕食。

 オーナーさんに用意していただいた布団を敷いて、ギャラリー泊。
 本を読んで早めに寝る。


 最終日。

 ギャラリーのオーナーであるSさんのお母さんが見に来て下さる。
 現在の場所に落ち着くまでの話を聞かせてもらった。
 一家の歴史の話は興味深い。

 午後、古工房さんが登場。
 いろいろと話した後、注文していた棚を見せてもらう。
 これでまたディスプレイの幅が広がりそうだ。

 終わり間際に初日に来てくださったIさんが再び登場。
 古さんを交えてトーク。

 終了時刻になったので片付けに入る。
 オーナーさんが手際よく手伝ってくださったので思っていたより早く片付いた。

 荷物の運び出しは古さんだけでなくIさんも手伝ってくださる。
 忘れ物がないか確認してから、オーナーさん夫妻に挨拶してギャラリーを後にする。

 その後、わりと近くにあるIさんの家へ招待していただき古工房さんとともに夕飯をご馳走になる。
 用事があったので、小一時間ほどでIさん宅を出る。

 その用事のため、中央道の藤野PAに向かう。
 途中でガソリンが危機的な状態にある事に気付き、調布でいったん高速を降りて給油。
 国立から再び高速に乗った。

 藤野で知り合いの陶芸家Uさんに会う。
 使っていないという土練機を譲ってもらった。
 ちょっと立ち話をした後、お別れして出発。

 時々眠気に襲われながらも、深夜家へ帰りついた。
 やはり長野は寒い。。


 ご来場いただいた皆様ありがとうございました。
 オーナーのSさん夫妻には今回も大変お世話になり、ありがとうございました。

テーマ : こんな事がありました!
ジャンル : ブログ

始まっております。

 千葉県中央区にある「ギャラリーどち」さんでの「乗田忠明陶展~道半ば~」始まっております。


 5日は前日搬入で午前中に家を出る。
 高速をひた走り、高井戸で降りてからは下道で千葉へ。

 予定よりちょっと早く着いてしまったが、お願いして搬入を始めさせてもらう。
 けっこう時間がかかったがディスプレイを終え、この日はギャラリーに泊めさせていただく。


 初日の6日。

 ほぼ人の気配無し…
 終わりがけに音楽家のIさんが来てくださる。

 この日は展示終了後、車で練馬の友人宅まで行く。
 平日の夕方とあって、道路はかなり混んでいた。

 友人と食事に行き、家に戻ってからは例によってゲームをする。
 寝たのはもはや朝と言っても差し支えない時間であった。。


 今日は電車で千葉へ向かう。
 曜日と時間帯のおかげで電車は比較的空いていた。

 開催時間ギリギリに会場に到着。
 お客さんのいない時間は本を読んで過ごす。

 昼前に、一昨年この会場で一緒に展示させてもらったYさんが来てくれる。
 夕方には友達が友達を連れて来てくれた。

 2人は終了時刻までいてくれて、その後3人で夕食を食べに行く。
 夜に練馬に帰ってきてから、こうしてブログの更新をしている。


 4日間の会期なので、明日からは早くも後半。
 みなさまのお越しをお待ちしております!

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

明けましておめでとうございます。

 みなさん、明けましておめでとうございます。

 大晦日と元旦はバイトが入っていたので、ひと足早く実家へ帰っておりました。

 家族と食事をし、次の日は午前中にお墓参りをして夜は友達と飲みに行った。

 昨日は帰りに叔母の家に寄って、従兄弟の子供にお年玉をあげてきた。

 母親が小さな箱にお節を詰めて持たせてくれたので、今日はそれを食べます。

 昨年お世話になった方々、ありがとうございました。

 今年は飛躍の年にしたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

プロフィール

atiron

Author:atiron
名前:乗田 忠明
生年:1977年
出身:京都市左京区

カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
村民です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。