スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完全復活!(多分‥)

 再度の修理に出していた車が昨日戻ってきた。

 前回は修理してもらって走れるようにはなったものの、異音の問題は解決せずトルクも上がらなかったので再度の修理を依頼。
 燃料フィルターが原因かと疑われていたが、最終的にはエンジンを制御するコンピューターが壊れていたとの事。

 走ってみると今回は快調に走れた。
 ただ火の車が。。


 5月に入って僕自身も復調している。
 一時は制作意欲がなかなか湧いてこず、このまま陶芸を続けていけるのかと考えた時期もあったが、気温の上昇とともにやる気も上がってきている。

 今はバイトを減らしてもらい、6月に予定している展示会に向けてひたすら作品を作っている。
 やっと充実してきたので、このままの勢いで今年の前半を走っていければと思う。

スポンサーサイト

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

衣装ケース

 冬に凍結防止の効果を期待して買ってきた衣装ケースが、最近大活躍している。

陦」陬・こ繝シ繧ケ_convert_20120523231141

 暑くなってくると成形した生地の乾きが早くなる。
 乾燥するのを遅らせたい場合、以前はビニールのごみ袋を切った物で作品を包んでいた。

 しかし、これだと包むのに時間がかかるし、密閉性が低くてある程度乾燥が進んでしまう。
 これが衣装ケースだと、中に入れてフタを閉めるだけでいいし、密閉性が高いので乾燥はほとんど進まない。

 乾燥は口元から進むので、ある程度乾いたらひっくり返したりするのだが、乾燥の進みが早いとひっくり返してもやはり口元が乾き過ぎたりする。
 でも、削るには少し柔らかいぐらいで衣装ケースに入れておくとかなり均等に乾いてくれる。
 均等に乾いてくれると削りがしやすいのだ。

 さらに、乾き過ぎてしまった物を戻すのにも使い勝手がいい。
 湿らせたタオルを入れ、その上に物を置いてフタをしておけばけっこういい具合に湿気が戻ってくれる。

 かなりの使い勝手の良さに今月追加で買ってきた。
 これからますます暑くなっていくので、さらに活躍してくれそうだ。

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

滑り止め

 今月の上旬にホームセンターで滑り止めを買ってきて、作業台の足の下に使用している。

縺吶∋繧頑ュ「繧\convert_20120523223034

 以前は土を練っていると徐々に作業台の位置がズレてきていた。
 床が平行でない上に、ビニール製のマットが敷いてあるからだ。

 滑り止めを置いてからは作業台がほとんど動かなくなった。
 こういう小さな改善がいい作品作りに結びつく…といいな。

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

手術

 10日程前に手術して縫った所の抜糸に行ってきた。

 手術と言っても大したものではなく、ちょこっと切って三針縫っただけ。
 それでも、僕にとっては初めての手術だった。

 2ヶ月ぐらい前に左の背中に小さな瘤がある事に気付いたのだが、しばらく放っておいた。
 すると徐々に大きくなってくるではないか。
 悪性の物だと怖いので病院に行く事に。

 診察してもらうと、袋のような物が出来ていてそこに汗や膿が溜まっているとの事。
 まずは薬を塗って2週間程経過を見て、それから中の物を抜いた。
 その後傷口が塞がるまで待ち、先日の手術となった。

 上着だけ浴衣のような物に着替え、キャップを被る。
 手術台にうつぶせになり、部分麻酔をして切ってもらう。
 吸引の音と、皮膚の感覚でけっこう血が出ているのが分かった。
 簡単な手術だったのですぐに終わる。

 手術室を出る前に先生に頼んで切除した部分を見せてもらう。
 溶剤に付けられた肉片は、予想していたより大きかった。

 そして今日の抜糸。
 背中なので見えなかったが、これも簡単に済んだ。

 何回も通院しなければいけなかったので面倒だったが、無事に済んでよかったです。

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

鳥の巣

 先月、作品を置く棚の横にあるちょっとした物置の上に絡まった草の塊があった。
 風で飛んできたか、何かの動物が咥えてきたんだろうと気にしていなかったのだが、数日後に荷物を入れてある収穫カゴの中に鳥の巣がある事に気付いた。

DSCF2682_convert_20120520202329.jpg

 「またえらい所につくりよったな」と思いつつ、特に出す予定の無い荷物だったので放っておいた。
 すると、それからしばらくして巣の中に卵が一つあるのを発見!

 その後卵は5個ぐらいに増え、さらに卵から孵った。
 今は日に日に大きくなっているところ。

 ちょうど母屋から工房への通り道にあるので、通る度に覗いている。
 たまに親鳥の姿が長い時間見えなかったりすると心配になったりする。

 なんとか無事に育ってくれる事を願っています。

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

ロンドンオリンピック世界最終予選

 いよいよ今日からバレーボール女子のオリンピック世界最終予選が始まる。

 当初は東京まで行って観戦するつもりだったが、車の事でお金が無くなってしまったのと、制作が波に乗ってきたのでそちらに時間を割きたいのとで東京行きは断念した。

 日本は3位以内に入るか、4位以下でもアジア最上位チームになればオリンピックの出場権を得られる。
 オリンピックのチケットという大きな物がかかっているだけに、今回も熱い大会になりそうだ!

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

返ってきた車

 昨日、やっと車が返ってきた。

 おおむね良くなったけれど、根本的には問題が解決しないまま。。
 アクセルを踏み込むと僅かに異音がする。

 修理代が車検費用より高くついたので、金欠に拍車がかかった。
 一括では払えないので、2月に分けてもらう事に。

 おそらくここが原因だろうという箇所を直すにはさらなる出費が必要。
 しばらくは今のまま様子を見ます。

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

微妙な角度

 今まで工房で使っていたCDラジカセを常に車で使うようになったので、先月工房用に新しいラジオを買ってきた。

 ところが、安物のせいか電波をなかなか拾ってくれない。
 いろんな場所に動かして試してみたのだが、ノイズが酷くて聞けたものではない。

 試行錯誤の結果、アンテナの先端が金属に触れているといいという事を発見。
 今はラジオを聞く時は↓のような状態で聞いている。

蠕ョ螯吶↑隗貞コヲ_convert_20120517011131

 アンテナの負荷を軽減する為、ラジオの後ろには逆さまにした茶碗が置いてあります。。

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

ドラマ「すき家」

 「土岐美濃焼まつり」に出展していたある日の夕方、僕は「すき家」に入った。
 カウンターに座り、注文して牛丼が出てくるのを待っていると、きっとすき家は初めてであろう初老のご夫婦がひと組入ってくる。

 まずはご主人がレジカウンター横に貼ってある大きいメニューを眺める。
 「メニューは後で見ればいいでしょう」と奥さんが促し、2人はカウンターに座った。

 店員はドライブスルーへの応対で忙しいらしく、しばらく来ない。
 店員がメニューを持ってくると思っているらしい2人は、目の前に差してあるメニューに気付かない。。

 奥さんは店の洋風な内装に関しての感想をご主人に話す。
 2人でもの珍しげに店内を見る。

 やっと店員が来て、奥さんの問いかけによってメニューに気付く2人。
 メニューを選ぶのにゆったりと時間を使っていた。

 注文する物が決まったらしく、奥さんが片付け中の店員を呼ぶ。
 片付けに集中しているせいか、奥さんの声が小さいせいか、気付かない店員。
 片付けた器を持って、店員は去ってしまう。

 「テーブルにあるボタンを押せばいいんですよ」と2人に言うか、ボタンで店員を呼んで「あちらの方が呼んでますよ」と言おうかと思ったが、おせっかいになるといけないのでぐっとこらえる僕。

 再び店員登場。
 奥さんが呼びかけるもまたも声は届かない。
 4回目ぐらいでようやく気付く店員。

 「やっと注文が伝わったか」とホッとしたのも束の間、注文した物が品切れだという店員の声。
 そ、そんなバカな‥

 ひとしきり再考した2人は別のメニューを頼んでいた。
 ここで、食べ終えた僕は店を後にしたのであった。

 変にやきもきしたが、ほのぼのともした「すき家」でのひとコマであった。

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

壊れた。

 先日の出展の後、法事があったので京都へ帰った。
 当初は土岐からそのまま京都へ行くつもりだったのだが、車の調子が悪かったのでいったん家に戻って荷物を下ろしてから京都に向かった。

 先日車検をしたばかりなのだが、車検の数日後から変な音がし始めてトルクが落ちていた。
 車屋さんに見てもらうとエンジンのピストンだかその周りだかが溶けているとの事。
 しかし、修理している時間がなかったのでそのまま岐阜での出展に向かった。

 重い荷物を積んでいたが、なんとか走ってくれて無事に土岐に到着。
 登りは苦しそうで異音も大きくなるが、平地や下り坂は特に問題なし。
 それでも負担を減らす為に高速を走る事は避けた。

 家でひと眠りしてから京都へ。
 さすがに下道だと時間がかかりすぎるので、高速に乗る。
 やはり登り坂は厳しそうだが、平地でのスピードは普通に出た。

 京都での法事を終え、翌日早朝からのバイトに備えて夜に京都を出発。
 長野から京都まではなるべくエンジンの回転数を上げないように極力気を使っていたが、大丈夫そうだったので帰りはそこそこのスピードで走る。

 そして瑞浪まで来た時、登り坂でアクセルがふにゃっと抜ける感覚と同時にスピードが落ち異臭がした。
 サイドミラーで後ろを見てみると白煙がもうもうと上がっているではないか。
 路肩に車を停めた所でエンジンが止まる。

 いちおうエンジンをかけてみたが、白煙が上がってすぐに切れてしまった。
 とりあえず三角版を置き、発煙筒なんぞも焚いてみる。
 それから保険会社に電話。

 先方とのやり取りの間にハイウェイパトロールが登場。
 手押しで路肩の広い所まで車を移動してもらった。
 そして、わりとあっさり去っていくハイウェイパトロール。。

 その後レッカー車を待つが、外はけっこう寒いし、自分の車が原因で事故が起こるんじゃないかと気が気ではなく、かなり疲れた。
 しかも連絡のミスで上り線と下り線が誤って伝わっており、到着まで余計に時間がかかった。

 やがてレッカー車到着。
 車を積み込んですぐに出発。
 一旦恵那インターで高速を下りる。

 駐車スペースで今後の打ち合わせをしてから再び高速へ。
 飯田山本インターまで高速を走り、高速を下りてからは修理してもらう車屋さんまで山道を走る。
 意外に遠かったので、保険で保障されている無料の㎞数をだいぶ越えてしまった。
 もちろん超えた分は自腹になる。

 車屋さんの近くで車を下ろし、代車に荷物を積み替えてバイト先へ向かう。
 結局そこで車中泊し、早朝からのバイトに臨んだのであった。

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

「土岐美濃焼まつり」での出展~後編~

   5月4日。

 朝、寒くて目が覚める。
 今回は荷物の都合で掛け布団は載せてこなかったので、梱包用の毛布を掛けていたのだがここまで冷え込むとは予想外だった。。

 車を暖める為、早朝の道を会場近くにある道の駅「志野・織部」に向けて走る。
 少し本を読んでから再び寝る。

 眠りから醒めてすぐに会場へ。
 出展場所のすぐ後ろにある出展者用駐車場に車を停め、準備にかかる。

 昨日は朝早かったせいか妙に疲れていて体力の衰えを感じたりしたが、今日はまずまず元気。
 しかし売上げは上がらず、気持ち的には元気を無くす。

 前日とは展示の配置を変えてみたが、それも逆効果だったかもしれない。
 今回は古工房さんに作っていただいた棚がデビュー。

DSCF2670.jpg

 最初は室内専用にしようと思っていたのに、しょっぱなから濡れたアスファルトの上に置かれ、しっかり陽に晒されていた。
 しかも棚を移動する時にちょっと引きずったりして‥

 この日はまだ新しい道の駅「可児ッテ」に行く事にする。
 可児ッテって…と思わずツッコミたくなるネーミング。

 いったん前を通り過ぎ、牛丼屋で食事をしてから駐車場へ。
 読書の後就寝。


   5月5日。

 これまた寒さで目が覚める。
 コンビニに寄ってから「志野・織部」へ。

 昨日と同じパターンで2度寝してから会場へ。
 このままでは経費の分が出ないので、あまりやりたくなかったが500円コーナーを作る。

 昼前に常連のYさんが奥さんと一緒に来てくれる。
 差し入れをいただいた。

 この日は天気が良く、自分のテントの前をブラブラしたりしていた僕はけっこう焼けた。
 午後からはTシャツ1枚になる。
 目が陽の光に弱いので、天気が良くなるとしかめっ面になってしまうが、けっして機嫌が悪いわけではありません。。

 開催要項に最終日は午後4時までと書いてあったので3時半ぐらいからちょこちょこ片付け始めるが、実際は5時までで、最後の1時間はディスプレイがお寒くなってしまった…
 初めての所はこういう事もあります。

 5時になったので残りを片付け、車に積み込んで会場を後にする。
 下道を3時間ほどかけて走り、夜中にようやく家に帰り着いたのであった。

テーマ : こんな事がありました!
ジャンル : ブログ

「土岐美濃焼まつり」での出展~前編~

   5月2日。

 急遽入ったアルバイトを終え、そのまま土岐に向かう。

 フロントガラスには何匹かのカメムシが…
 積み込んだ荷物の中に潜んでいたやつらが、陽の光を求めて出てきたようだ。
 軍手で掴んで外に放り出す。

 搬入の時間が長く設定されていて時間に余裕があったので、下道でのんびりと走る。
 場所は分かっているので、地図もナビも必要無し。

 会場に着くと小雨がパラついていた。
 荷物を下ろし、ビニールシートで包んで紐で縛る。

 それから瀬戸に移動し、ガソリンを入れ、食事をする。
 以前勤めていた会社に寄ってテントの重しにするタンクに水を入れさせてもらう。
 仕事終わりの後輩がいたのでしばらく話をする。

 それから道の駅「瀬戸しなの」まで行き、そこで車中泊。


   5月3日。

 朝6時から車の乗り入れが許可されていたので、6時過ぎに会場へ。

 新しく購入したテントを立てる。
 一間×二間のテントでてっきり二間の方が間口だと思っていたら一間の方が間口だった。。

 その後ディスプレイに移る。
 一応開始は午前9時からとなっていたが、結構早い時間からお客さんが流れ始める。

 左隣は「もゆ」さん。
 若い女性達が作っていて、それぞれの作品が凝ったディスプレイの中に並べられており、ずっと賑わっていた。
 右隣は「工房みやび」さん。
 まだ瀬戸に住んでいた時に一度工房にお邪魔した事があって、1人で出展していた奥さんが覚えていてくれた。

 怪しい天気だったが、なんとか持ちこたえて1日目が終了。
 ずっと曇っていたので寒いぐらいだった。

 片付けを済ませてから多治見の温泉へ。
 ここで見事な虹を見る。

DSCF2672.jpg

 温泉に入った後は土岐まで戻ってラーメンを食べ、道の駅「土岐美濃焼街道」へ。
 ここで車中泊。

テーマ : こんな事がありました!
ジャンル : ブログ

プロフィール

atiron

Author:atiron
名前:乗田 忠明
生年:1977年
出身:京都市左京区

カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
村民です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。