スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本焼き

002_convert_20090517102203.jpg

 本焼きの窯が詰まったところ。
 やっとここまで来たなという感じ。

 ちょっと欲張ってぎっしり詰めてしまった。
 いわゆる"重い窯"というやつです。

 重い窯になると温度の上がりが悪く、焼き終わった後は温度がゆっくり下がる。
 窯の中の温度差が開きやすく、炎を使う場合に火の通りが悪くなりやすいという特徴がある。

 焼き始めは水分が蒸発するので扉を少し開けておいて、温度が上がるとともに徐々に閉めていく。
 電気窯なので、扉を閉めるところまできたら、後は自動制御で温度が上がっていく。

 焼き上がりは深夜2時の予定。
 それまでに次の窯に向けてまた作らねば。

スポンサーサイト

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

白と黒

うわぁ~、ぎっしりですね~

深夜バイト&ハチの羽音と戦いながら、がんばってますね~。
私は陶芸のことは全くわからないのですが、どんな色に仕上がるのでしょうか? 楽しみです。
実は、日中月心さんの作品、このブログで拝見するのみで、まだ実物は見たことないんです(恥)。今年も、青空市に見えますか?

トマトジュースにコショウ…だめでしたかぁ。やっぱり、トマトはそのまま!が一番ですね。
…といいつつ、トマト丸かじりは苦手な私…。(保育園の時におやつにトマトが出され、涙ぐみながら食べた辛い記憶が…)

では、引き続き頑張ってください!!

あおぞら市

 今は窯を冷ましていて、やっと400℃切ったところです。
 また窯出しした作品をブログに載せたいと思います。

 あおぞら市は今年も参加させてもらう予定です。
 今のところ7月から始まる予定のようですので、ぜひ見にいらして下さい。

 紫月さんはトマト丸かじりはダメなんですね。
 僕は丸かじりするのは大好きです。
 今年もあおぞら市で新鮮なトマトを手に入れて、丸かじりしようと思っております。

 ではまた!

プロフィール

atiron

Author:atiron
名前:乗田 忠明
生年:1977年
出身:京都市左京区

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
村民です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。