スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

窯出し

001_convert_20090521122010.jpg

 他の用事に追われて一日延びてしまったが、やっと窯出しができた。
 今回は注文品(だいぶお待たせしております)と、11月の個展に向けての試作品。

 窯から出す時に良品と不良品に分け、その後底のやすりがけをしながらもう一度チェックする。
 下に置いてあるのが不良品。
 ポロ(炉壁や棚板から落ちるゴミ)や鉄粉(釉薬の中に混じっていたり、棚板などから落ちたもの)やピンホール(穴)、キレ(素焼の段階で割れていたり、収縮に耐えられなかったりしたもの)など不良の原因はいろいろあるが、どうしても何割かは出てしまう。

 これだけの数をやすりがけするのはひと苦労。
 でもやっておかないと底のザラつきでテーブルなんかに傷が付いてしまうので、この作業はかかせない。

 次に素焼きする物もだいぶたまってきたし、冬の間ほったらかしだった土の再生もかなりのペースで進んでいる。
 他にもやらなければいけない事がたくさんあるが、気が向いたところから片付けてしまうので、そろそろギリギリの段階まで来ている事もある。
 はよやらな…

スポンサーサイト

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

atiron

Author:atiron
名前:乗田 忠明
生年:1977年
出身:京都市左京区

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
村民です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。