スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

畳干し

 大鹿さくら組のHさんが中古の建物を活用して8月に新しいお店を始めるという事で、その建物の畳干しと掃除の手伝いに行ってまいりました。

003_convert_20090601204112.jpg

 畳をはがして感心したのは、畳の裏と床にそれぞれ「いろはに」とか「一二三」とか記号がふってあって、元の位置に戻せるようになっていた事。
 長年使うと置かれている位置によって歪みとかクセが出るので、置く畳が違うとおさまりが悪くなるからだろう。
 なるほど!ザ・ワールド(スルーしてください‥)

 なにぶん古い建物なので長年のホコリがたまっており、それを掃いてから雑巾がけをした。

002_convert_20090601204033.jpg 001_convert_20090601203950.jpg

 人数がけっこういたので仕事が早く進んだが、それでも昼休憩を挟んで午後までかかった。
 あとは床が乾くのを待って畳を戻す。

 お店がオープンしたら僕の陶器も置いてもらう予定。
 お客さんがどれぐらい立ち寄ってくれるか分からないが、新しい事が始まるのは楽しみだ。

スポンサーサイト

テーマ : こんな事がありました!
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

atiron

Author:atiron
名前:乗田 忠明
生年:1977年
出身:京都市左京区

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
村民です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。