スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土作り

 梅雨の晴れ間が覗いたので、ずっとやろうと思っていた土作りをやった。

 せっかく大鹿村に来たので、ここにある土を使って陶器を作ってみようと思ってはいたのだが、面倒な作業になる事が分かっていたのでついつい後回しになっていた。

 まずは家の近くの使えそうな土を掘り、それを乾かす。
001_convert_20090614215540.jpg

 大きめの石を取り除き、篩にかける。
002_convert_20090614215642.jpg

 目を細かいのに替えて、もう一度篩にかける。
003_convert_20090614215721.jpg

 完全に乾くのを待ってから、水の入ったバケツに浸けておく。
004_convert_20090614215801.jpg

 上水を切ってから、石膏の鉢に入れて水分を取る。
005_convert_20090614215837.jpg

 ある程度水分が取れたら完成。
 練ってから寝かせておく。
 寝かせておく事で粘りが出て使いやすくなる。

 あとはテストをしなければならない。
 単味ではなかなか使えないので、その場合は他の土と混ぜて使う。

 なんとか今年中に最初の作品を作ろうと思う。

スポンサーサイト

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

楽しみ♪

土作り、手間がかかるんですね~。
篩にかけるところまでしか想像できていませんでした。
どんな風合いの作品ができるのか楽しみですね♪

 そうなんですよね。
 土作りは手間と時間がかかります。

 特に寝かせておくというのは大事で、何代も続いてるような家では先代が作った土を次の代が使うというような所もあるようです。

 テストできるのが来月になりそうなので、再来月までには作ってみたいと思っております。

プロフィール

atiron

Author:atiron
名前:乗田 忠明
生年:1977年
出身:京都市左京区

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
村民です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。