スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インターナショナル陶芸交流

 夕方、大鹿村に住む2人が外国の友達を連れて訪ねてくれた。

 陶器を見たいという事だったのでいろいろと出して見てもらったが、ずいぶんと熱心に見てくれたので嬉しかった。
 たとえば小説なんかだと外国の人が読むには翻訳というものを介さなければならないが、陶器の場合そのままの物を見てもらえるのでそれはいい面なんじゃないかと思う。

 とは言っても作品の説明なんかはできた方がいいわけで、英語が全然ダメな僕はちょっともどかしかったりする。
 でも一言だけ喋りましたよ。
 「Can you speak English?」と聞かれたので「No」ってね…

 彼らはスウェーデンから来たという事だったが、母国語で話す彼らのやりとりを聞いているとなぜだか妙に心地よかった。
 単語さえ1つも分からないから、会話の流れとか抑揚がスッと入ってくるからかもしれない。

 じっくり選んで買ってくれて、4人は笑顔で帰って行った。
 Tack!

001_convert_20090625173210.jpg
スポンサーサイト

テーマ : こんな事がありました!
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

atiron

Author:atiron
名前:乗田 忠明
生年:1977年
出身:京都市左京区

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
村民です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。