スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高野山への道

 「高野山クラフトキャンプ」に出展するため、前日に京都入りして実家で休み、深夜に和歌山へ向けて出発する。

 国道24号線をひたすら南へ。
 奈良を抜けて和歌山に入り、高野山への坂道を上がっていく。
 道の狭さはどうってことないが、傾斜がきつく急カーブが多い。

 途中で背広を着て革靴で歩いている人がいてビックリした。
 いったいどこへ向かっていたんだろうか?
 それ以前になぜ徒歩なのか、そしてなぜ背広なのか。
 なぞである…

 予想よりもずいぶん早く着きそうだったので、途中で車を停めて母親が持たせてくれた弁当を食べ、運転席でひと眠りする。
 荷物を積んでいる時は後ろで寝られないのがつらいところ。
 運転席だと普段は疲れていても眠れなかったりするが、寝不足だったので2時間も眠れた。

 再び車を走らせ、搬入開始時刻ぴったりに会場に到着。
 まだ搬入している出展者が少なかったので、よさそうな場所を選んでそこに荷物を降ろす。
 出展者用駐車場に車を移動してからテントを張ってディスプレイした。

 2日間の様子などはまた後日!

スポンサーサイト

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

atiron

Author:atiron
名前:乗田 忠明
生年:1977年
出身:京都市左京区

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
村民です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。