スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抽選

 今日は夜勤明けでせともの祭りの抽選会に行ってきた。

   ↓抽選会が行われた瀬戸陶磁器卸商業協同組合の建物
001_convert_20090821214912.jpg

 せともの祭りへの申し込みはけっこう面倒で、瀬戸に3回も行かないといけない。
 申込用紙は郵送してくれず、直接取りに行かないといけないのでそれで1回。
 そのあと申し込みのためにもう一度行き、別の日に抽選が行われる。

 昔に比べると規模が小さくなってきたようだが、それでも祭りの2日間はたくさんの人が訪れる。
 瀬戸の駅前は万博と前後してずいぶん様変わりした。
 僕が瀬戸にいた頃がちょうどその時期に当たる。

 瀬戸の製陶所で働いていた時に、仲間数人で初めてせともの祭りに参加した。
 去年は友達と2人で出店し、今年もその友達と一緒にやる。
 店番や準備と片付け、金銭面などを考えるとこれぐらい大きいイベントは何人かで出した方がやりやすいし、その方が楽しい。

 開催は9月の第二土曜・日曜。
 詳しい事はまた後日。

スポンサーサイト

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

瀬戸

手続き、面倒なんですね~。
去年、瀬戸品野クラフトの時に、道すがらせともの祭のお店が並んでいるのを見ましたよ。
クラフト会場とは違って賑やかそうでした(^_^;)
瀬戸には主人の実家があるのですが、年に1回ぐらいしか行ってないなぁ。。。

pinoさんこんにちは

 そうなんですよ、けっこう面倒です。
 せめて申し込み用紙は郵送かpdfで印刷できるようにしてほしいんですけどね‥

 ご主人の実家は瀬戸なんですね。
 行った事がなければぜひ「かわらばん家」に行ってみてください。
 陶器だけでなく、いろんな作家さんの作品が並んでますよ~

「かわらばん家」

行ったことないです…っていうか主人も知らないみたい。
機会があれば行ってみますね。
瀬戸は、夜中に東海環状で何度も通り過ぎてるんですけどね~(^^ゞ

リンク

 「かわらばん家」は名鉄尾張瀬戸駅から歩いてすぐの銀座通り商店街にあります。
 毎月展示会をやってますよ。
 リンクしていますので、よかったら見て下さいv-410

プロフィール

atiron

Author:atiron
名前:乗田 忠明
生年:1977年
出身:京都市左京区

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
村民です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。