スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土はなぜ弧を描いているのか

 再生した土なんかを石膏や素焼きの鉢である程度乾かしたら、土をアーチ型にして置いておく。

001_convert_20090829163929.jpg

 こうする事で土が早く均一に乾くのだ。
 石膏や素焼きの鉢はどうしても鉢に接している面が早く乾くので、ある程度の固さになったら少し固い所とまだ柔らかい所を軽く混ぜて上の写真のように干しておく。

 急いでいる時は土を少量づつに分けてなるべく細くするとかなり早く乾く。
 ずらりと並べるとまるでミノムシの行進のように見える。

 たまに土を干しているのを忘れたりするとアーチ型のまま固い塊になってしまう。
 そういう時はぼとぼとと水が落ちるぐらい濡らしたタオルにくるんでビニール袋に入れ、また柔らかくしないといけない。
 「なにをやっとるんだ」という感じである。

 せっかく乾いた洗濯物をとりこむのを忘れて朝露で湿ったり雨に降られたりするのの逆だ。
 どちらもタイミングが大事という点では共通している。

スポンサーサイト

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

あります。
乾燥させていたら硬くなりすぎること。
よくあります。
はっきり言って時間の無駄!

削り

 そうなんですよね~
 器なんかも夏場は乾燥しすぎちゃったりして、タオルを敷いたビニールにくるんでもどしたりするんですが、そうするとちょっと削りにくくなったりしますよね。
 削りはタイミングが命ですね。

プロフィール

atiron

Author:atiron
名前:乗田 忠明
生年:1977年
出身:京都市左京区

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
村民です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。