スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チョコラ!

 昨日の夕方、中川村文化センターで行われたドキュメンタリー映画「チョコラ!」の上映会に行ってきた。

a)bo.jpg

 
 この上映会は大鹿村の有志で企画されたものだ。
 会場には多くの人が訪れ、予備の席が用意されるほどだった。

  "チョコラ"とはスワヒリ語で「拾う」を意味し、生活のためにくず拾いをするストレートチルドレンをさす侮蔑的な意味合いを含んだ言葉だそうだ。
 映画はそのチョコラ達の姿をありのままに映していた。
 途中に登場人物の名前や彼らが置かれている状況、現地のNGOの紹介などが字幕で入るがナレーションは一切なかった。

 上映後にはこの映画の舞台になっているケニアを旅した人の体験談を聞き、その後質問コーナーもあった。
 そういう時間が設けられたのは「この映画は観た後に考える事で意味がより深まる」というスタッフの考えがあったからのようだ。

 この映画を観ている時も観終わった後も、僕の中での気持ちは漠然としていた。
 それはこの映画に作られたストーリーがない事も関連しているのかもしれないが、この映画があまりに多くの物事を内包していて、焦点が定まらなかったからだと思う。

 生きていく上でそういう漠然としたなかから何かを見つけ出し、考え、行動し、継続していくというのはとても難しい事だが、同時にやっていかなくてはならない事なんだと思う。

スポンサーサイト

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

atiron

Author:atiron
名前:乗田 忠明
生年:1977年
出身:京都市左京区

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
村民です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。