スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の匂い

003_convert_20090131034411.jpg

 昨日はとても暖かい一日だった。
 家の周りも一月の中旬には上の写真のような状態だったが、今は雪もほとんど溶けた。

 外に出てみると、今年に入って初めて春の匂いがした。

 匂いっていうのは音楽と似ていて、何かの匂いがすると以前その匂いがした時の情景が想い浮かんだり、その時の気持ちを思い出したりする。

 春の匂いはなんとなく特別で、うまく言葉にはできないけれど、思わず微笑んでしまうような気持になって心が揺さぶられる。

 学生の時は、入学式も卒業式も春にあったし、社会人になってからも新しい年度が区切りになっている事が多い。
 そこには出会いも別れもあったし、新しく始まる何かへの期待や不安もあった。
 寒い冬の先に春の匂いがした時、心がくすぐられるのは、そんなたくさんの思い出や気持が僕の体を駆け巡るからかもしれない。

spe82.jpg



                                    りんごの花

スポンサーサイト

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

京都は

なんか昨日からジメジメした雨模様で、とても1月とは思えない……
春が近付いてくると心が躍るんだけど、
暖冬のせいで冬らしさを感じる時が減ったのは残念

そうかー

 最近は温暖化で冬らしさを感じる時が少ないかもしれんね。
 長野の山奥にいると充分に冬を感じられるよ。
プロフィール

atiron

Author:atiron
名前:乗田 忠明
生年:1977年
出身:京都市左京区

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
村民です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。