スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

研修会

 昨日は大鹿小学校の先生方が研修で陶芸体験をしにきてくれた。

 なにせ人が滅多に来ないもんで汚れっぱなしで、工房を掃除するのに数時間かかった‥
 おかげでだいぶキレイになりました。

 さて、先生方が到着したので準備をして説明に入り、ひと通り説明が終わったところで作り始める。
 みなさん集中して形を作っていく。

001_convert_20091022081310.jpg

 いつも思うのだけれど、作る過程っていうのはその人の個性が出てくる。
 作る形をあらかじめ考えている人もいれば、何を作るかなかなか決まらない人もいるし、作っている途中で変える人もいる。
 どんどんと豪快に作っていく人、丁寧に仕上げていく人、作る事に集中して黙々とやる人、お喋りも楽しんでやる人などなど..

 そうしてできたものもやはりその人の個性が出る。
 ある程度陶芸をやっていくと少しづつ技術が身に付いて、どうすれば要領よく綺麗にできるかという事が分かるようになるので、こなれていってしまう側面があると思う。
 そういう知識がない分だけ初心者の作る物はその人そのままが形になるのでおもしろい。

 今回の先生方も個性的な作品を作っていかれた。
 なかなか思うようにいかない部分もあったと思うが、帰りには「楽しかった」と言っていただいたのでよかったです。

スポンサーサイト

テーマ : こんな事がありました!
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

陶芸

先生方ってどういう作品を作るのかなー
きっと上手なんでしょうね
  見てみたいなぁ

やっぱり

 先生方はみなさんのみこみが早かったです。
 それと大きいのを作る人が多かったですね。
 どうしようか迷ったんですが、やっぱり出来た物の画像も載せた方がよかったですね‥

プロフィール

atiron

Author:atiron
名前:乗田 忠明
生年:1977年
出身:京都市左京区

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
村民です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。