スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手荒れ

 本日も朝から施釉に励んでおりました。

 この時期は寒いので手を洗うのにお湯を使うのだが、1日に何回も手を洗ってタオルで拭うので手と手首が肌荒れする。
 撹拌機はあるのだが、固まっている釉薬はある程度ほぐしてから撹拌機を使わないとダマに引っかかって釉薬がバケツの外に飛び散り面倒な事になるので手を突っ込まざるをえない。

 まだ今ぐらいの気温なら手で混ぜた後にバケツのお湯で温めれば大丈夫だが、0℃を下回ってくると釉薬に手を突っ込むのは地獄の作業になる。
 最初は我慢できても、しばらくすると手がかじかんでしまい指が動かなくなってきて他の作業に支障をきたす。

 肌が荒れるとお風呂に入った時にヒリヒリして痛い。
 今日はハンドクリームを塗って早めに対処。
 去年のやつだけど、ま、いいか…

スポンサーサイト

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

atiron

Author:atiron
名前:乗田 忠明
生年:1977年
出身:京都市左京区

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
村民です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。