スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルドセプト

 先週個展が終わってからすぐにバイト続きだったので、さすがにちょっと疲れて週末はゲームをしながらダラダラとしていた。

 やっていたのはPS2の「CuldceptⅡ」。
 簡単に言うとファンタジー系モノポリーみたいなゲームです。

002_convert_20091202064055.jpg

 このゲームの一作目は大学生の頃にセガサターンでやっていた。
 大学の頃はテレビゲームに一度はまると、飽きもせずに何時間でもやっていたもんだ。

 一度24時間ぐらいぶっ続けでやった事があるが、終わった時に味わった"人生を無駄にしてるな"という怖いぐらいの感覚は今でも覚えている...
 あの集中力をなにか有効な事に使えないものだろうかとよく思ったが、勉強なんかになるとさっぱり集中力が出なかったりするんだよね。

 3日間ほとんどこればっかりやっていたので、「さすがにそろそろ現実の世界に戻るか」と思って溜まっていた用事を片づけた。
 たまには現実逃避もいいもんだ。

スポンサーサイト

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

学生時代、スーパーファミコンのファミスタを、
2人で朝まで対戦し続けたのを思い出しました。
あのころは自由だった。

自由だぁー!

 ファミスタ懐かしいですね~
 たしかに学生時代は自由ですよね。
 よく徹夜でマージャンをしてました。
 これもやりすぎると(特に負けた時は)「俺は何をやっているんだろう…」となんともいえない気持ちになります。。

プロフィール

atiron

Author:atiron
名前:乗田 忠明
生年:1977年
出身:京都市左京区

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
村民です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。