スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洗濯機

002_convert_20090207051747.jpg

 買ってから五年ほど使っている全自動洗濯機。
 以前瀬戸に住んでいた時は外に置いてあったので、見た目は使用年数以上にくたびれている。

 側面に見える黒い線は隙間テープ。
 なぜこんな物が貼ってあるかというと、音を静かにするため。
 前に住んでいたのが団地のような所だったので、近所迷惑にならないようにやってみた。

 奥の中央に付いているのが水道からのホースを繋ぐところなのだが、使わない時は外して
ある。
 そのままにしておくと、凍ってしまうので・・

 あと、洗濯機の底に残った水も凍ってしまう。
 排水が終了しても見えない部分に水が残っているのだ。
 そうすると、すすぎはできても排水ができない。

 なので、冬場洗濯機を使う時は、凍らないように流しっぱなしになっているホースの水を止め、それを洗濯機に取り付けてから蛇口を開け、洗濯槽の中に熱湯を注いでから洗濯する。

 最初は面倒でも慣れるとそうでもない。
 凍ってしまったらもっと面倒な事になるからね。

スポンサーサイト

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

面倒だよ。

慣れても面倒だよ。

でも北国の人はみんなそんなことをしているのかな?

きっともっといい対策があるんじゃないか?

やっぱりめんどくさがり

 うちが寒いのは家が古いからやねん。
 防寒対策のしっかりした家の中なら、北国でも洗濯機は大丈夫なんちゃうかな?

 もっといい対策があるのかもしれんが、調べるのがめんどくさかったりして…

 
プロフィール

atiron

Author:atiron
名前:乗田 忠明
生年:1977年
出身:京都市左京区

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
村民です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。