スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿

588324_medium.jpg




     photo by kawabun

 この冬、車で走っていて初めて鹿と接触した。
 今まで一度もなかったので油断したのかもしれない。

 今回は鹿の習性についてのお話。
 鹿というのは他の動物に比べてかなり鈍感だ。
 だいぶ近くまで近づいてもなかなか逃げない。

 車で走っていても、直前まで状況を把握できないやつが多い。
 それでも危険に気付いて逃げる時は必死で、道路が凍っている時なんかつるつると足を滑らせて転びそうになりながら慌てて逃げていく。
 このあたり鹿は憎めないものを持っている。

 道の脇から鹿が飛び出してくる時もあるが、この時気をつけなければならないのは出てきた鹿よりも、後に続いて出てくる鹿である。
 鹿は群れで行動する事が多いので、一頭出てきたら後続がある可能性は低くない。
 最初に出てきて道路を横断した鹿に目を取られていると、後から出てきた鹿を轢いてしまうなんて事になりかねない。

 あと、山の方にでも逃げればいいのに、アスファルトの上をひたすら走っていくやつもいる。
 こうなると追いかけっこになってしまうが、この時気をつけなければならないのは急な方向転換である。
 追いかけられる動物は、捕まらないように急に左右に走る向きを変える。
 なので、並びかけようとした時に急にこちらに寄ってくる事もあるのだ。

 みなさんも鹿には注意してください。
 って、出ないか…

スポンサーサイト

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

atiron

Author:atiron
名前:乗田 忠明
生年:1977年
出身:京都市左京区

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
村民です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。