スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お蔵フェスタへの出展

 東京の友達の家を深夜の1時半ぐらいに出て、千葉県の神崎を目指す。
 4時間ぐらいかかると思っていたが、深夜で道がすいていたせいで2時間で到着。
 とりあえず会場の下見。
 通りでは早く着いた別の出展者さんが車中泊している様子。

 場所を確認してから隣町まで朝ご飯を食べに行く。
 すき家で牛丼を食べてから、車の中の荷物を整理して場所を空け、そこで仮眠。
 そうとう狭いので丸まって眠る。

 セットしておいた携帯の目覚ましで起きる。
 朝の空気は冷たい。
 来た道を引き返して会場に向かう。

 会場に着くとすでにテントはあらかた立ててくれてあった。
 出展場所の前に車を停め、荷物を降ろす。
 それから河川敷の出展者用駐車場に車を移動させ、そこから歩いて戻る。

 今回は「木や 古工房」さんとの共同出展。
 展示用のテーブルを借り、先日買ってきたばかりの簡易テーブルも使ってディスプレイする。
 そういえば自分のブースの写真撮り忘れてたな…

t02200165_0600045010458027797.jpg





 ←というわけで、後日
  「古工房」さんから画像を
  お借りしました。。


 会場は徐々に人も増え大賑わい。

DSCF1219_convert_20100316145156.jpg
     DSCF1222_convert_20100316145255.jpg
          DSCF1223_convert_20100316145340.jpg

 
 午後に千葉の友達が家族で寄ってくれる。
 久々に会ったので近況を話す。
 ついでに陶器も注文していってくれた。

 午前中も午後に入ってもほとんど売れなかったが、最後の2時間ぐらいでバタバタと売れた。
 陶器は先に買ってしまうと邪魔になるし、割れる可能性もあるので帰りに買う人が多いのだろう。
 メインとして考えていた徳利とぐい呑・杯はまったくと言っていいほど出ず。
 価格設定がちょっと高かったかもしれない。

 イベントは盛況のうちに幕を閉じた。
 片付けをして車を持ってくる。
 しかし、進入経路を間違えて時間を大幅にロスする。
 おかげでテントの片付けに参加できず、周りの方に申し訳なかった。

 晴れたおかげもあって来場者も多く、いろいろな企画もあり、様々なジャンルの出展者がいたのでお祭りらしく楽しいイベントだった。

スポンサーサイト

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

atiron

Author:atiron
名前:乗田 忠明
生年:1977年
出身:京都市左京区

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
村民です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。