スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅立ち

 ども、"フリーター陶芸家"改め"食えない陶芸家"の乗田です。
 今日の朝5時をもって約2年半続けたアルバイトが終わりました。

 仕事は最後までミスしないように集中。
 入り時間の早い先輩と同僚が帰りがけに声をかけていってくれる。
 休憩時間に一人でぼんやりしていると、やはり一抹の寂しさを感じる。
 ホワイトボードに張ってある入社式の式次第が辞めていく自分と対照的で、「自分はここを去っていくんだなぁ」という感じを強くさせる。
 仕事は無事終わり、最後のタイムカードを押す。
 ロッカーを整理して玄関を出、振り返って一礼してから車に乗り込んだ。

 これからはきっと経済的に厳しい生活になってくるだろう。
 それを見越してすでに始めている事はいくつかある。
 例えばクラフトフェアに出展する時の事。
 ・なるべく高速は使わない(時と場合によるが‥)
 ・ネットカフェに行かない(これまでは恒例だったけど)
 ・他の出展者さんの作品を買わない(欲しい物はいろいろあるんだけど…)
 他にも生活の中で実践し始めている事がいくつかある。

 今後は多くの場面で我慢というものが必要になってくるだろう。
 でも、お金のない状況下ではきっと今まで以上に感謝の気持ちも生まれてくるのではないかと思う。
 自分の作品を買ってもらった時、野菜や物をいただいた時、周りの人の気遣い...
 そういう生活の中から自分に負けそうな自分を支えるだけのモチベーションも生まれてくるだろうし、仕事に対しての自覚もより強くなるだろう。
 そして、これまで踏み出せなかった場所に踏み出していけるはずだ。

 踏み出したところでそれがどういう一歩になるかは分からない。
 すっ転ぶなら思いっきりすっ転べはいいと思う。
 そうして一歩一歩進んでいけば、想像もしなかった出会いがあるだろうという予感がする。
 『考えているだけじゃなくて行動しないと何も始まらない』
 それは行動力のない自分に常に言い聞かせてきたことだ。

 バイトを辞めたからといって、急に新しい自分にはなれない。
 少しづつ歩いていきます。



スポンサーサイト

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

atiron

Author:atiron
名前:乗田 忠明
生年:1977年
出身:京都市左京区

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
村民です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。