スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「熊谷妻沼手づくり市」での2日間

 ケータイで見てるよという方、ありがとうございます。
 今回も長くなりますのでスクロールが面倒かと思いますがご了承下さい。
m(_ _)m

 さて、出展の時はいつも前日ぐらいに地図で経路を確認するのだが、今回使おうと思っていた道には冬季閉鎖のマークがあった。
 念のためネットで調べてみるとなんと4月の下旬まで通行止めとの事。
 しかもラジオの情報ではそこに行くまでの道も土砂崩れで通行止めとか。。
 なんとか回り道して下道で行けないかと地図とにらめっこしてみたが、結局高速を使った方が圧倒的にいいという結論に達した。

 勘ピュータでは5時間と出たので、1時間余裕を見て夜中の1時に出発して遅くても7時頃に着くプランでいく事にする。
 夜中12時に起きて残りの準備をし、他の用事も片付けていたら出発が30分遅れる。
 ちよっと急ぎめで走り、現地に着いたのは6時ぐらい。
 トータルで4時間半の道のりだった。

 今回の手づくり市は出展場所を決めるのが抽選になっていて、できる事なら抽選に行かないといけないのだが、僕はかなり遠いので委任という形にさせてもらった。
 今回は町の人が自宅や車庫や店舗のスペースを提供しているので、おそらくは抽選日にそれぞれの提供者さんと何時頃に搬入するという打ち合わせをしたのだと思うが、僕は抽選に行かなかったのでそれがなかった。
 なので僕が着いた時間には今回貸して頂く事になっている車庫には車が停まっていた。
 仕方がないので近くのコンビニへ行き、手づくり市の要項を読み返したり、持ってきていた小説を読んだりして時間を潰した。

 7時過ぎになって再び行くと車はすでになかった。
 車を車庫の前に停めてからインターフォンを押して家の方に挨拶する。
 それから荷物を降ろし、出展者用の駐車場へ。
 戻ってきて配置を考えているとお隣さんも到着。
 ガレージを半分づつ使うので、お互いにこの辺までにして通路を確保しましょうというのを確認してから作業にかかる。

 今回はL字型のセッティング。

008kai.jpg

 お隣の常田さんはコの字型。

009kai.jpg

 9時から始まりの会がある。
 集まったのはこの町のシンボルになっている聖天様の近く。
 境内の桜もだいぶ咲いていた。

004kai.jpg

 門をくぐると、
002kai.jpg

 ここが本殿。
003kai.jpg

 これは仮の本殿で、本来の本殿は只今改築中。(左後ろにちょっと写っている)
 工事は平成15年からやっていて来年やっと完成するという。
 本殿は国の重要文化財に指定されていて、その修復費用は小耳にはさんだところでは20億近いとか…
 今回の市の売り上げの10%が各出店者から集められ、浄財になる。
 江戸時代、火事にあった本殿を建て直す時に町の人々がお金を出し合って建てたというのだから、地元の人にとって大事にされているのが分かる。

 ここのところ天気が悪かったので心配していたが、1日目は快晴。
 人もぼちぼちとやってくる。
 お隣の常田さんは地元の方なので、知り合いが次々にやって来ていた。

 民家の軒先をお借りしている所は、1日目終了後に荷物をいったん撤去しなければならない。
 場所を貸してくれているおばあちゃんの好意で室内に少し荷物を置かせてもらったが、半分以上は車に積み込んだので時間がかかった。

 積み込みが終わってから、出展中に声をかけて下さった「西田園」さんにお邪魔する。
 「西田園」のご主人は有志の中心人物の一人。
 お茶を飲みながらしばらく市の話をした。

 それから東京の友達の家に向けて出発。
 17号線をひたすら走る。
 友達の帰りが遅いのが分かっていたので、晩メシを食べ、わざと混んでいる車線を選んだりしてゆっくり走ったので3時間ほどかかった。
 友達の住むマンションの隣がちょうどコインパーキングなので、そこに車を停めて友達が帰ってくるまで仮眠。

 友達帰宅。
 時間も時間だったし、次の日も早いので早々に寝る。

 2日目の天気は曇。
 太陽が出ていないとだいぶ気温が違う。

 今回の市の中心的な存在である「大福茶屋さわた」さん。

007kai.jpg

 会場は通りの左右に点在している。

012kai.jpg 015kai.jpg

011kai.jpg 013kai.jpg

 通りは歩行者天国になっていないので、車がすぐ前を通っていく。
 会場を回ってみたが、端の方は人が少ないようだった。

 2日目は天気のせいもあってか人はまばら。
 かなりヒマを持て余す。

 様々な状況をかんがみるとゆっくりしていられないので、少し早めに片付け始める。
 全ての片付けが終わった時には終わりの会が始まる時間だった。
 急いで集合場所へ行くとちょうど挨拶が始まったところ。
 最後はあたたかい拍手で幕を閉じた。

 再び友達の家へと車を走らせる。
 2時間程で到着。
 晩ご飯を一緒に食べに行く。
 飲んだので眠たくなって、またもや早々に寝た。

スポンサーサイト

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

atiron

Author:atiron
名前:乗田 忠明
生年:1977年
出身:京都市左京区

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
村民です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。