スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陶歴

 個展やクラフトフェアで作品を買っていただいた時に包んだ作品と一緒に袋に入れるのが、これまでの経歴を書いた陶歴。

 陶歴といっても何かの賞をとったわけでもないので、簡単な略歴と住所・氏名・メールアドレス・HPアドレスが書いてあって、下半分は陶器の扱いについての注意事項が書いてある程度。
 これがある事でお客さんはより作者の事が知れるし、その後に繋がることもある。

 僕の場合はまずB5の半分程度の大きさになるようにワードで作り、それをB5の紙の左右にプリンターで印刷する。
 それを2枚作ったら、コンビニでB4の大きさでコピーする。
 こうすれば1回で4枚分の陶歴ができる。

001_convert_20100409143725.jpg

 いっぺんに4枚分できるのはいいが、切るのが面倒くさい。
 定規で計ると時間がかかるので、だいたいのあたりを付けてカッターで数枚いっぺんに切る。
 前まではいらない雑誌なんかを下敷きにしていたが、今はカッター用の下敷きがあって目盛りが付いているのでやりやすくなった。

 とりあえず200枚ほど用意できたので、しばらくは持ちそうだ。
 あっという間に無くなるぐらい売れてくれるといいんだけどね‥

スポンサーサイト

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

atiron

Author:atiron
名前:乗田 忠明
生年:1977年
出身:京都市左京区

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
村民です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。