スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひめじクラフト・アートフェアでの2日間

 金曜日の昼過ぎに大鹿村を出発し、高速に乗って姫路へ向かう。
 姫路東の手前のパーキングエリアに車を停める。
 荷台の荷物を整理してスペースを作り、そこで丸まって仮眠。

 土曜の朝にPAを出て姫路東インターで降り、会場へと向かう。
 30分程早く着いたが、搬入口にはすでに車の列ができていた。
 時間になったので搬入・車移動・展示。

 4m×5mとブースが広かったので余裕をもって展示できた。

002_convert_20100514151705.jpg

 会場は広々としていて気持ちがよく、見上げるとそこには姫路城がある。

 ↓改修中なのでクレーンが見える
006_convert_20100514151748.jpg

 ↓アップ
007_convert_20100514151828.jpg

 昼過ぎに友達が婚約者と一緒に来てくれる。
 店番を頼んで(←こらこら)他のブースを見に行く。
 何人かのクラフト仲間と再会できた。

 片付けを手伝ってもらってから夕ご飯を一緒に食べに行く。
 陶器を買ってもらった上にご馳走になってしまった…(ちなみに年下やで)
 婚約者がとても気のきくいい人だったので、初対面にもかかわらず楽しく過ごせた。

 夜は少し離れた道の駅まで行ってそこで寝る。
 駐車場が20台分ぐらいしかない小さな道の駅だった。

 2日目は姫路に住んでいる瀬戸時代の知り合いが訪ねてくれる。
 久々に会ったのでいろいろと話をした。
 マンゴージュースをゴチになる。

 帝国の定刻の4時に片付け始めるが、めずらしく周りは片付ける気配がない。
 だいたいみんな早めに片付け始める事が多いのだが。。
 1日目が5時までだったので、2日目は1時間早く終わるという事を知らない人が多かったのかもしれない。

 ゆっくり片付けてすいた頃に車を入れるつもりだったが、ちょっと急ぐ事にする。
 2人で出展していれば、1人が片付けをしてもう1人が車を取りに行くという事も可能なのだが、僕の場合はそうはいかないのである。
 おかげで考えていたよりもずいぶん早く会場を出られた。

 姫路東インターから高速に乗り、実家のある京都へと向かう。
 途中渋滞につかまったのでちょっと時間がかかったが夕飯に間に合った。
 やっぱり実家の飯はうまかったのであった。

スポンサーサイト

テーマ : こんな事がありました!
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

まいど

早速器使ってるよ~!
使い易くて色もキレイで食事が楽しくなるね!!

関西でまた機会があれば、今度は彼女の両親も一緒に見に行くかも!?

ありがとね~

 いや~、すっかりお世話になりましたm(_ _)m
 早速使ってくれてるみたいで嬉しいわ。
 彼女さんにもよろしゅ!
プロフィール

atiron

Author:atiron
名前:乗田 忠明
生年:1977年
出身:京都市左京区

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
村民です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。