スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅行記 ~その六~

     6月28日(月)

 朝起きて、歯磨きなんかをしてから公園を出て「新富良野プリンスホテル」に向かう。

 途中、Barを見つけて車を止める。
 あのバーはもしや…と思って車を降り、近付いていくと、やはり(ドラマで)修がルイを待っていたバーであった。
DSCF1561.jpg
 そうか、こんな所にあったのかと1人で納得する。

 駐車場に車を停め、目的の「風のガーデン」へ。
 「風のガーデン」はドラマ"風のガーデン"の舞台となった所。
 わざわざドラマのために作られたブリティッシュガーデンである。

 開園時間の5分前に着いたが、すでに受付は始まっていて、シャトルバスの乗り場には何人かの人がいた。
 ↓受付                   ↓シャトルバス
DSCF1567.jpg DSCF1568.jpg
 受付からガーデンまではちょっと距離があるので、10人弱乗れるシャトルバスが出ているのだ。
 僕も受付をして列に並ぶ。

 8時になったのでシャトルバスが運行を始める。
 第1便はちょうど僕の前で締め切られてしまった。
 これはちょっと待ち時間がかかるなと思っていたら、次々と人が来て第2便が出る。

 パークゴルフのコースを抜け、2、3分でガーデンへ着く。
 花を見ながら木のチップが敷き詰められた遊歩道を進み、ガーデンの中にある建物へ。
DSCF1581.jpg

 DSCF1574.jpg DSCF1572.jpg
 岳(役名)が弾いていたピアノが置いてあった。
 それからガーデンをぐるっと回って写真を撮り、ショップをひやかしてから帰る。
 当然の事ながらそんなに早く帰るのは僕だけであった。。

 車に戻り、ナビをセットして、知り合いの住む北見市へ向かう。
 かなりの距離なのでどれぐらい時間がかかるか心配していたが、思ったよりも早いペースで進む。

 だいぶ早く着きそうだったので、足を延ばして網走へ行ってみる事に。
 「博物館網走監獄」を見に行く。
 入場料はちと高いが、充実の内容。
 ↓門                    ↓建物
DSCF1596.jpg DSCF1597.jpg
 ↓舎房                  ↓薪ストーブ(めっちゃ長い)
DSCF1598.jpg DSCF1600.jpg
 ↓食事中で~す             ↓脱走だぁー!
DSCF1602.jpg DSCF1603.jpg
 この旅の中では最も時間をかけて回った施設であった。

 来た道を戻り、北見市へ。
 知り合いの仕事が終わるまで、河川敷の公園でガイドブックを見ながら明日のプランを考える。
 電話が入ったので、ナビを使ってとりあえず知り合いの住んでいる場所の近くまで行く。
 そこから電話をして迎えに来てもらう。

 とりあえず家に上げてもらってシャワーを借りる。
 サッパリしたところで夕ご飯を食べに行く。
 タクシーで近くのビヤホールへ。
 北海道へ来てから数日、やっとビールが飲めた。

 お会計は知り合いが全額持ってくれる。
 帰りもタクシーで帰る。
 ちなみにタクシー代も払っておりません。押忍。

 夜は引き続き明日のプランを練る。
 だんだんと眠くなってきたので、用意してくれた布団で寝させてもらった。

スポンサーサイト

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

atiron

Author:atiron
名前:乗田 忠明
生年:1977年
出身:京都市左京区

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
村民です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。