スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紙袋

 クラフトフェアでは買って頂いた作品は新聞紙で包んでビニール袋に入れるが、展示会では「日中月心」の印を押した紙袋に入れる。
 先日の二人展でその紙袋を使いきってしまったので、帰る前に京都で仕入れておいた。
 今日はその紙袋にハンコを押す作業をした。

DSCF1775_convert_20100909193030.jpg

 けっこう数があるのでわりと時間がかかる。
 ハンコが押してあると使いまわしに不便だったりするが、自分がどこかで陶器を買った時に作品を入れてもらった袋にオリジナルの何かがあるといい感じなので、僕はハンコを押す事にしている。

 ハンコは瀬戸の判子屋さんに作ってもらった物。
 手彫りなのでなかなかのお値段だったが、袋に名刺に作品にと重宝している。

 ちなみにクラフトフェアなどで出展する時も、たくさん売れた時用に大きめの紙袋は何枚か持っていくようにしている。
 めったに使わんけどね…

スポンサーサイト

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

atiron

Author:atiron
名前:乗田 忠明
生年:1977年
出身:京都市左京区

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
村民です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。