スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「2010 越後妻有クラフトフェア」での出展

 去年に引き続いて今年も行ってきた、新潟の津南町。

 金曜日の深夜、眠気が無くて仮眠できそうになかったので少し早めに家を出る。
 休憩を入れつつ、余裕をもってグリーンピア津南に到着。
 荷物をちょいと整理してせま~いスペースで仮眠。

 時間になったので搬入。
 動いているうちに熱くなってきたのでパーカーを脱いだが、おかげでブヨに3ヶ所ほど咬まれる…
 今回は初めて三の字型に展示してみる。

DSCF1789.jpg

 土曜日の朝一はお客さんの出足はいまいち。
 午後から人も増えてくる。
 今年はいい場所に出させてもらったので、ブースの前を通る人は去年よりも多い。

 ↓会場の様子
DSCF1788.jpg

DSCF1797.jpg

DSCF1798.jpg
 ※何回か言っていますが、人の顔がなるべく写らないようにあえて人の少ないタイミングで写真を撮っています。

 1日目の出展後は十日町まで行ってラーメンを食べる。
 今年、ここも含めて3軒の食券制になっているラーメン屋に行ったが、すべて食券の販売機をスルーしてしまった…
 次から一見の店は気を付けよう。。

 グリーンピア津南に戻り、配布されている入浴券で温泉に入る。
 ここの温泉は泉質のせいかお湯が体に馴染む感じがする。
 風呂から上がった後、少し本を読んで寝る。

 そして夜中、カーステレオの大きな音で目が覚める。
 何台もの車が集まって、ステレオの品評会みたいな事をしているようだ。
 せっかく駐車場の一番端に車を停めたのに、そのすぐ後ろでこんな集まりがあろうとは…
 モメるのはイヤなので、すごすごと移動したがしばらく眠れなかった。

 翌朝、もしかしたら雨が降るかもしれないという予報だったので、配置替えの為に早くからブースの展示をし直す。
 余った時間は車に戻って再び寝る。

 2日目は気球が登場。
 お金を払えば乗る事もできる。

DSCF1799.jpg

 朝ご飯をろくに食べていなかったので、昼ご飯にしては早い時間に五目ご飯と豚汁を買いに行く。
 豚汁の客としては僕が最初だったらしく、売っているおばちゃんが注文してから味噌とネギを入れ始めた。
 急いでいたおばちゃんは味見をする事もなく、プラスチックのカップに豚汁を注ぐ。
 予想通りというか、だいぶ味が薄かったっス、うん…

 連休の谷間とあって、午後の後半もまだお客さんがけっこういた。
 やはり土・日2日の休みと3連休では人の流れが違う気がする。

 終わりの時間が来たので片付け始める。
 意外に早く片付けられたので、搬出がわりとスムーズにできた。
 車を一旦駐車場に置いてから、知り合いの出展者さん達に挨拶回り。

 それから今日も温泉に入る。
 ちょうど数人の子供が入っていたのだが、この子達が騒ぐ・飛び込む・泳ぐと大変な騒ぎだった…
 風呂を出て車に戻り、グリーンピア津南を後にする。

 途中でラーメン屋を見つけて入ったのだが店主が1人で切り盛りしているらしく、出てくるまでにけっこうな時間がかかった…
 その後高速に乗って大鹿へ帰る。
 日付が変わらないうちに帰ってこれるのはありがたい。

 ちょっとグチっぽいブログになってしまってごめんなさい。
 会場まで足を運んでいただいた方々、作品をお買い上げ下さった方々、ありがとうございました。

スポンサーサイト

テーマ : こんな事がありました!
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

越後の暑さがうそのように寒くなりましたねぇ。
(さすがにコタツはまだまだ先ですが...)

この前はどーもお疲れ様でした。
またどこかのクラフトでお会いできるのを楽しみに精進します^^

 さとうさん、どもども。
 コタツはまだ先ですか。
 こちらは時々スイッチを入れるかどうか迷うぐらいまで来ています。

 来年は出展を大幅に減らそうと思っていますが、どこかでお会いできるといいですね。
 今度はゆっくりと作品も見せてもらいたいと思います☆
プロフィール

atiron

Author:atiron
名前:乗田 忠明
生年:1977年
出身:京都市左京区

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
村民です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。