スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土掘り

 去年からずっとやろうと思っていた土掘りにやっと行ってきた。

 先日電話を入れておいたNさんの農園まで車を走らせる。
 お仕事中だったが、手を休めていい土が取れそうな場所まで案内して下さる。

 一か所目は農園からすぐ近く。
 ここは道路から見えているので以前からよさそうだと思っていた。

 二か所目はなかなか入り組んだ場所。
 単味では使えなさそうだが、市販の粘土に混ぜて使えばいい土味が出そうな土だ。

 三か所目はアスファルトの道路から少し外れた所。
 バサバサの赤土の間に青っぽい白土が層になって見えている。

 Nさんにお礼を言って別れた後、さっそく土を掘っていく。
 最後に教えてもらった白土は間に大きめの石がゴロゴロしている事もあって少しづつつか取れない。
 ここが一番時間がかかった。

 一つ前の場所に戻って赤土を取る。
 この土は主に混ぜて使う予定なので土嚢ひと袋分だけ取る。
 石もほとんどなかったので取りやすかった。

 農園の近くに戻って今度は4袋分取る。
 ここの赤土は粘りが強めなので、なるべく原土のまま活かしたい。

 蝨滓侍繧垣convert_20101020200108

 精製するのに手間がかかるが、焼くとどうなるか今後が楽しみである。

スポンサーサイト

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

atiron

Author:atiron
名前:乗田 忠明
生年:1977年
出身:京都市左京区

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
村民です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。