スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

客人

 本日は大学の後輩のご両親がウチへ遊びにいらっしゃっています。
 このY夫妻は5月にも来られたのだが、大鹿村が気に入っていただけたようで、またまた九州から訪ねてきて下さった。

 役場で待ち合わせをして、この前来た時に気に入ったという「するぎ農園」さんへ。
 おいしい食事をいただいた後は、「塩の里」に行ってお土産になりそうな物を見てもらう。
 それから農協へ行って晩ご飯の買い出し。

 家に着いてひと休みしてもらってから陶芸体験。
 奥さんの方は前回作った物と対になるように同じ形のお碗を丁寧に作られていた。
 ご主人の方は独特のデザインの花器をすごい集中力で作っておられた。

 夜ご飯は簡単に作って食べる。
 食後はいろいろと話を聞く。
 定年後の人生をいきいきと過ごしておられるんだなぁというのが印象的だった。

 いつのまにか失いつつある好奇心をもっと持って生きられればな、と思った秋の夜であった。

スポンサーサイト

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

atiron

Author:atiron
名前:乗田 忠明
生年:1977年
出身:京都市左京区

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
村民です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。