スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昇仙峡

 みなさんごぶさたです。
 ブログの更新がすっかり滞ってしまいました。。
 いつも覗いてくださる方、ありがとうございます。

 これから数日はブログを書いていなかった期間の事を書いていきたいと思います。
 まずは12月1日から。 


 千葉での3人展「三つの種」の搬入に向かう前日に東京の友達の所に寄る事にして、朝に家を出た。

 まずは伊那のかんてんぱぱホールに行って来年の予約を入れる。
 このホールは展示会を開こうとする期間の前年の1日から予約を受け付けている。
 実は11月にも開館前に行ったのだが、僕が行った時点で5組も並んでいて取れなかったのだ。

 無事に予約を済ませて高遠から茅野へ。
 茅野からは甲州街道。

 途中で甲府の昇仙峡に寄る。
 最初に寄ったのは「影絵の森美術館」。

DSCF1980.jpg

 藤城清治という人の影絵がメインの展示。
 売店や食堂も併設している。

 お次は昇仙峡の遊歩道へ。
 紅葉も終わったので人が少なくていい。
 仙娥滝や覚円峰などを見る。

DSCF1984.jpg

DSCF1990.jpg

 川には巨岩がゴロゴロと転がっていて、そこを水が勢いよく流れている。
 晴れていたのもあってとても気持ちのいい場所だった。

 お店が並ぶ通りを歩いて「ほうとう会館」へ向かう。
 一階はお土産なんかを売っていて、二階が食堂になっている。

DSCF1992.jpg

 "きのこのほうとう"を注文。
固形燃料の炎で鍋が煮えるのを待つ。

DSCF1993.jpg

 けっこう時間がかかったがおいしかった。

 出発する前に山梨ワイン王国に寄ってお土産を選ぶ。
 まだ新しいのかキレイな建物だ。

DSCF1981.jpg

 中にはオリジナルワインの他、甲州のワインがずらりと並んでいる。
 店員のおばさまに一押しのワインを強力に薦められるが、なんとか固辞する。

 甲府の旅はまだ続く。
 続きは明日。

スポンサーサイト

テーマ : こんな事がありました!
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

atiron

Author:atiron
名前:乗田 忠明
生年:1977年
出身:京都市左京区

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
村民です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。