スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年始動

 スキー場のバイトが終わった後、東京での展示があり、しばらくして長野での展示会とけっこう予定が詰まっていたが、それも終わったので4月5日からやっと今年の制作を開始した。

 5日はロクロだけやった。
 しばらく土に触れていない状態でロクロを挽く時、僕は必ず茶碗を挽く。
 好きな形だからというのもあるし、僕にとっては一番挽きやすい形なので、手を慣らしながら自分の現状を把握するのに一番いいのだ。

 次の日、挽いた茶碗は凍っていた。
 しかしこれは想定の範囲内。
 今の時期でも凍るかどうか確かめたかったので、そのまま置いておいたのだ。

 6日はけっこう作業する。
 まずは灰の仕込み。
 あく抜きが終わった灰を素焼きの鉢に移し、新しい灰をバケツに入れてあく抜きに入る。
 次は再生土の処理。
 毎度毎度面倒だが、せっかく使えるのに捨てるわけにはいかない。
 それからやっとロクロを回す。
 もう一度茶碗を挽いた。

 そして今日、昨日までの作業を継続しつつ他の作業もする。
 去年大鹿の村内で取ってきた土を精製。
 前も書いたと思うけど、取ってきた土を処理するのは手間がかかる。
 それが終わってから昨日作った茶碗の削り。
 今回はちゃんとビニールで囲っておいたし、前回よりは冷え込まなかったので凍らなかった。

 そうして今年第1号となる作品の成形が終了。

2011蟷エ蟋句虚_convert_20110407225356

 その後、湯呑を挽いて今日の仕事は終わりにした。
 技術だけでなく体全体がなまっているので、しばらく時間をかけてコンディションを整えていかねば。。

スポンサーサイト

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

atiron

Author:atiron
名前:乗田 忠明
生年:1977年
出身:京都市左京区

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
村民です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。