スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中央構造線博物館

 今日は午後から大鹿村にある中央構造線博物館のお留守番に行ってきた。

荳ュ螟ョ讒矩

 朝、電話があり、手が空いていたら入って欲しいとの事。
 昨日ロクロ挽きした物はまだ削れる状態ではなかったので、午後から行く事にする。

 博物館に向かう途中で、県議会議員選挙の投票を済ませる。
 投票所に入ったら、皆さんちょうどお弁当を食べている最中だった。。

 予定通りの時間に着いて説明を受け、1人でのお留守番が始まる。
 しばらくして、さっそく団体のお客さんが来る。

 その後もパラパラとお客さんが入る。
 空いている時間は持参した本を読んで過ごした。

 この博物館は、大鹿村内を通っている中央構造線に関連する物やその解説が展示されている。
 2階には昭和36年に起きた水害についての展示もある。

 僕も友達や知り合いを連れて何度か足を運んだが、学芸員のKさんの詳しくて熱い説明にはいつも感心する。
 何も知らない素人によくこれだけ手を抜かずに熱心に解説してくれるよなぁと思う。

 岩石・地層・断層などに興味のある方はぜひ寄ってみて下さい。

スポンサーサイト

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

atiron

Author:atiron
名前:乗田 忠明
生年:1977年
出身:京都市左京区

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
村民です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。