スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

缶コーヒーの悲劇

 今日、村の知人が来た時に缶コーヒーをもらった。
 さっそく開けて、コーヒーを飲みながらしばし話をする。

 その後知人が帰り、僕は飲みかけのコーヒーを置いたままやりかけていた作業に戻った。
 ここのところバイト続きで注文品が期限に間に合うか微妙になってきたので、今日はお休みをもらって朝から陶芸の仕事をしていたのだ。

 作業がひと段落したのでちょっと休憩しようと思って、外に置きっぱなしだった缶コーヒーを工房の中に持って入り、イスに座ってからひと口飲んだ。
 というか正確には飲んでいない。
 口に入れた時に異物の感触がしたので吐き出したから。

 吐き出したコーヒーには、けっこう大きめの蟻が二匹入っていた
 自然の中で暮らす時は、いろんな事に気を付けないといけない。

スポンサーサイト

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

誤字。

喜劇。

その時は悲劇でも、

 たしかに話のネタにはなりますね。
 アリを口に入れるという貴重な体験をさせていただきました。。
プロフィール

atiron

Author:atiron
名前:乗田 忠明
生年:1977年
出身:京都市左京区

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
村民です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。