スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山塩館~その2~

 先月作品を納めさせてもらった山塩館さんに、今月も作品を持っていって見てもらった。

 前回の時に焼酎の器があればというお話を聞いたので、今回は焼酎に使う事を想定して2種類の器を持っていった。
 全体的に大きさが小さかったようだが、小鉢として使っていただけるとの事。
 もちろん今回も大鹿村の土を使った器だ。

DSCF2288_convert_20110728122322.jpg

 丸いフォルムで口径が広く作ってある。
 掛けてあるのは黄色に発色する釉薬だが、ベースが赤土なので茶色に近い色になっている。
 口元にはわら灰釉が重ね掛けしてあり、それが流れて景色になっている。
 大鹿村の土を混ぜる事で、野趣溢れる感じに仕上がっている。

 作品をちょっとしたスペースに置かせてもらい、売店でも扱っていただけるとの事。
 他にも展示の企画のお話もいただいた。
 この機会を活かしていきたいと思います!

スポンサーサイト

テーマ : こんな事がありました!
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

atiron

Author:atiron
名前:乗田 忠明
生年:1977年
出身:京都市左京区

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
村民です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。