スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村内にて

 今日はまたまた山塩館さんにお邪魔して、納品してきた。

 今回はわら灰釉の片口を日本酒用にとお買い上げいただき、ぐい呑と猪口も追加で買っていただいた。
 うっかりとデジカメを持っていくのを忘れたので、今回は画像なし…

 さらに売店にも少しスペースをいただき、9月に館内で展示させてもらうという話も具体的に進んだ。
 詳細はまた後日書きます。


 帰りは「塩の里」の中にある豆腐屋さん、美濃屋さんに寄って置かせていただいている作品をタオルで拭く作業。
 時々行ってはこうして埃を払い、ディスプレイを直している。
 下にあって見えにくかった作品を、美濃屋さんの方で上に上げてくれていて、その効果もあってかけっこう売れていた。

 こうして村内で使っていただいたり、販売していただけてありがたい。
 村内だけに何かあればすぐに対応できるし、作品の追加も気楽にできるのでそれも良いところ。

 これからまた、村内で僕の作品にふれてもらえる機会を作っていけたらと思う。

スポンサーサイト

テーマ : こんな事がありました!
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

atiron

Author:atiron
名前:乗田 忠明
生年:1977年
出身:京都市左京区

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
村民です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。