スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

枝が…

 昨日、バイトに向かおうと車で走っていると、後ろの方でカタカタと嫌な音がする。
 「もしや故障か!?」と思い、いったん車を停めて懐中電灯でタイヤをチェックしてみるも異常は特に見当たらない。

 再び走りだすとやはり音がする。
 ちょっとビビりながら走っていたが、走行に不具合は出なかったのでひと安心。
 「明日、修理屋さんに持っていくか‥」と思いながらバイト先に到着。
 遅刻する事なく、無事に仕事に入れた。

 さて、深夜の仕事を終えて従業員用の駐車スペースに向かっていた僕は車の下から尻尾のように出ている枝を見て動きが一瞬止まってしまった。
 覗きこんでみると、杉だか檜だかの枝が車の下に絶妙に絡まっていた!

 ↓家に帰ってから再現してみました
DSCF2441_convert_20111029111115.jpg

 「こ、これかい、あの音の原因は…」
 どうやら荷物を積む都合で、いつもは入らないスペースにバックで入った時に絡まったようだ。

 なぜ懐中電灯でタイヤを確認した時に底の方も確認しておかない。。
 なぜ駐車場から仕事場に向かう時に気付かない。。
 自分の迂闊さにちょっとあきれたのであった。

 それにしても30㎞近く走ったのに取れないって、どんだけうまいこと絡まっとんねん…
 と、妙に感心した朝の出来事でしたとさ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

前回のつづき。

ほらね。

釈明

 今回の件に関しましては、運転が怖いかどうかは関係ありません。

こにゃにゃチワワ

あれっ?
金曜日夜、すれちがったよね、 小渋線で。

じゃあ、その時は 枝付きだったのね…うぷぷ

お恥ずかしい‥

 いやー、あんな長い枝をくっつけたまま走っているのを見たら、後ろについた車の人はビックリするでしょうね。
 ただし、オレの後ろにつけたらの話だがな、ふっ。(←誰やねん‥)

 っていうか、金曜日すれ違いましたか!?
 気付いていませんでした。
 小渋線の連続カーブをものともせずに絡まり続けた枝。
 ある意味すごいです。
プロフィール

atiron

Author:atiron
名前:乗田 忠明
生年:1977年
出身:京都市左京区

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
村民です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。