スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガーゼ

002_convert_20090315215945.jpg



  ←ちょっとばっちい物が写っているので
   久しぶりに画像を小さくしました。
   分かりづらいという方は画像を
   クリックしてもらうと大きめのが出ます。

 うちの五右衛門風呂は排水穴に短い木の棒とガーゼで栓がしてあって、排水する時はその栓を抜くのだが、この前風呂に入った時に誤ってガーゼを排水穴に流してしまい、穴が詰まってしまった。

 面倒でほったらかしておいたのだが、そのままでは困るので詰まったガーゼを取る事にした。

 はじめは細い木を突っ込んで引き出そうと思ったのだがそれでは埒があかず、ある程度の強度がある鉄線を探したのだがこれがひと苦労。

 懐中電灯片手に納屋や工房を探すがちょうど手頃なやつが見つからない。
 やっと外の壁にぶら下がっているやつを見つけたのはいいが、引っかけるために先を鉤状にしようとしてもそこそこの太さがあるので手では曲がらない。

 また工房まで行ってラジオペンチを持ってきて曲げる。
 曲げ損なったので金切りバサミを持ってきて切ろうとするも切れず、なんとかラジオペンチで強引に修正する。

 ちょうどいい感じに仕上がったので、いよいよガーゼを取り出しにかかる。
 一回目、引っかからず。
 二回目、ちょっと手ごたえあり。
 三回目、奥まで行ってしまうリスクをしょって思い切って奥まで突っ込み、グリッと回転させてから引っぱる。

 出たーーーーーっ!!!

 いや~、近年まれにみる感動だった。
 苦労が報われるって素晴らしい。



 出演:写真左より、金切りバサミ・ラジオペンチ・鉄線with汚れたガーゼ
     白木の棒×2・排水穴の栓
 脚本:神様
 監督:冴えないフリーター陶芸家

スポンサーサイト

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

atiron

Author:atiron
名前:乗田 忠明
生年:1977年
出身:京都市左京区

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
村民です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。