スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「土岐美濃焼まつり」での出展~前編~

   5月2日。

 急遽入ったアルバイトを終え、そのまま土岐に向かう。

 フロントガラスには何匹かのカメムシが…
 積み込んだ荷物の中に潜んでいたやつらが、陽の光を求めて出てきたようだ。
 軍手で掴んで外に放り出す。

 搬入の時間が長く設定されていて時間に余裕があったので、下道でのんびりと走る。
 場所は分かっているので、地図もナビも必要無し。

 会場に着くと小雨がパラついていた。
 荷物を下ろし、ビニールシートで包んで紐で縛る。

 それから瀬戸に移動し、ガソリンを入れ、食事をする。
 以前勤めていた会社に寄ってテントの重しにするタンクに水を入れさせてもらう。
 仕事終わりの後輩がいたのでしばらく話をする。

 それから道の駅「瀬戸しなの」まで行き、そこで車中泊。


   5月3日。

 朝6時から車の乗り入れが許可されていたので、6時過ぎに会場へ。

 新しく購入したテントを立てる。
 一間×二間のテントでてっきり二間の方が間口だと思っていたら一間の方が間口だった。。

 その後ディスプレイに移る。
 一応開始は午前9時からとなっていたが、結構早い時間からお客さんが流れ始める。

 左隣は「もゆ」さん。
 若い女性達が作っていて、それぞれの作品が凝ったディスプレイの中に並べられており、ずっと賑わっていた。
 右隣は「工房みやび」さん。
 まだ瀬戸に住んでいた時に一度工房にお邪魔した事があって、1人で出展していた奥さんが覚えていてくれた。

 怪しい天気だったが、なんとか持ちこたえて1日目が終了。
 ずっと曇っていたので寒いぐらいだった。

 片付けを済ませてから多治見の温泉へ。
 ここで見事な虹を見る。

DSCF2672.jpg

 温泉に入った後は土岐まで戻ってラーメンを食べ、道の駅「土岐美濃焼街道」へ。
 ここで車中泊。

スポンサーサイト

テーマ : こんな事がありました!
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

そして、

夜中に大声で話す小父さん小母さんに睡眠を妨げられ、
相手がヤクザ屋さんかどうか見極めてから、
静かに就寝。

おぉぅ!

結構、若い女性と知り合える機会があるんですね。

近いうちに、生涯の伴侶を射止める事を期待して

お仕事がんばってください。

>古工房さん

 今回も「ヤクザの法則」により、黙って我慢しました。
 でも、千葉の某木工作家さんならキレていたと思います。

>D君パパさん

 機会はあれど、それを活かす気が無いのです。
 その点については千葉の某木工作家さんに叱咤されております。

プロフィール

atiron

Author:atiron
名前:乗田 忠明
生年:1977年
出身:京都市左京区

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
村民です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。