スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手術

 10日程前に手術して縫った所の抜糸に行ってきた。

 手術と言っても大したものではなく、ちょこっと切って三針縫っただけ。
 それでも、僕にとっては初めての手術だった。

 2ヶ月ぐらい前に左の背中に小さな瘤がある事に気付いたのだが、しばらく放っておいた。
 すると徐々に大きくなってくるではないか。
 悪性の物だと怖いので病院に行く事に。

 診察してもらうと、袋のような物が出来ていてそこに汗や膿が溜まっているとの事。
 まずは薬を塗って2週間程経過を見て、それから中の物を抜いた。
 その後傷口が塞がるまで待ち、先日の手術となった。

 上着だけ浴衣のような物に着替え、キャップを被る。
 手術台にうつぶせになり、部分麻酔をして切ってもらう。
 吸引の音と、皮膚の感覚でけっこう血が出ているのが分かった。
 簡単な手術だったのですぐに終わる。

 手術室を出る前に先生に頼んで切除した部分を見せてもらう。
 溶剤に付けられた肉片は、予想していたより大きかった。

 そして今日の抜糸。
 背中なので見えなかったが、これも簡単に済んだ。

 何回も通院しなければいけなかったので面倒だったが、無事に済んでよかったです。

スポンサーサイト

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

atiron

Author:atiron
名前:乗田 忠明
生年:1977年
出身:京都市左京区

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
村民です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。