スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大鹿村堪能記

 昨日、高校の同級生と旦那さんとその仲間達が大鹿村に遊びに来てくれた。

 昼前に到着した一行と役場で待ち合わせ。
 まずはお願いしてあった山塩館さんで温泉に入らせてもらう。
 朝早くに出てきた割には時間がカツカツだったようで、温泉でやっとゆっくりできた模様。
 みんな口々に「くつろぐな~」とか「いい湯だな~」と言ってくれていた。

 それから家に移動して、荷物を降ろす。
 同級生と旦那さんは仕事で遅れてくる人を迎えにすぐに出掛ける。
 残された4人でいろいろと喋る。
 後半、話がえらい盛り上がった。

 お迎えに行った2人と迎えに来られた1人が帰ってきてからバーベキューを始める。
 いいお肉を買ってきてくれたので、おいしくいただいた。
 他にももやしのナムルや豆腐サラダ、トマトなどサイドも充実。
 屋外なので、夜の風が心地いい。

 それからナイトサファリツアーに出掛ける。
 北に向けて車を走らせ、野生のシカを見物。
 分杭峠まで行ってみんなで気を浴びてみる。
 都会では見られない満天の星も堪能してもらった。

 帰ってきてから皆でトーク。
 おもしろい人達なので話していて楽しかった。
 先に寝てしまった人のおでこに文字を書くといういたずらをしてまたひと笑い。
 深夜になってから就寝。


 翌日である今日。

 5人は近くの川へ朝の散歩に出掛けた。
 同級生は残って朝食の準備。
 僕も残って陶芸体験の準備。

 5人が戻ってきて朝食。
 買ってきてくれていたパンと昨日の残りのウィンナーと同級生が作ってくれたスープ。
 おいしかったので、朝の僕としてはめずらしくたくさん食べた。

 その後、陶芸体験をしてもらう。
 2台しかないロクロで順番に挽いてもらう。
 みんな楽しんでくれたので嬉しかった。

 けっこうな時間になったので、皆荷物をまとめて車に積む。
 僕の車にも分乗してするぎ農園さんへ。
 みんなでお蕎麦を食べ、コーヒーも飲んでゆっくり過ごさせてもらう。

 お次は塩の里へ行って、お土産物を選んでもらう。
 さらに足を伸ばして映画の舞台となったディア・イーターと大磧神社を見に行った。
 最後は橋の上から赤石岳を見て締める。

 駐車場で皆とお別れ。
 みんな「いい所だね」と言ってくれたし、表情がいきいきしていたので僕も嬉しかった。
 楽しむのが上手な人達と過ごしてこちらも楽しくさせてもらった2日間であった。

スポンサーサイト

テーマ : こんな事がありました!
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

いいですね。

読んでいて羨ましかったですね(^^)
プロフィール

atiron

Author:atiron
名前:乗田 忠明
生年:1977年
出身:京都市左京区

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
村民です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。