スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「再会。」での展示

 大阪市住吉区にあるカジュアルフレンチレストラン「ミル・メルシー」での展示が無事終了しました。

 前日搬入の為、深夜に大鹿村を出発。
 高速で大阪へと向かう。

 時間に余裕があったので、京都南インターで高速を下り、下道を走る。
 早朝会場に到着し、車内の荷物を整理して仮眠。

 昼前から共同出展者である古工房さんと搬入を始める。
 搬入後、オーナーシェフの玉城さんも交えて3人で話す。

 3時過ぎに会場を出て、京都の実家へ向かう。
 高速道路が事故渋滞していて、そうとう時間がかかってしまった。

 夜は専門学校時代の友達2人と飲みに行く。
 2人とも将来的に独立を考えているので、主にその話をした。

 初日は車で大阪へ。
 会場近くのコインパーキングに車を停め、歩いて会場へ行く。

 夜はコインパーキングで車中泊し、1泊したら車を出して、一旦会場へ。
 お店の2階にあるシャワーを浴びさせてもらい、朝食を食べてから再び車をコインパーキングに入れるというローテーションだった。

 4日間を通して、大学時代の同級生や後輩、去年来て下さったお客さん、いつも来てくれる叔母が会場を訪れてくれた。
 去年の1週間から4日間と会期が短くなったのにも関わらず、古工房さんとは去年以上によく喋った。

 最終日は片付けをしてから打ち上げ。
 シェフが作ってくれた料理を食べ、飲みながらいろいろな話に花が咲いた。

 翌日の朝に会場を後にし、再び京都の実家へ。
 家族でお昼ご飯を食べに行き、1人で買い物に出掛け、実家の猫とじゃれあったりして過ごす。

 少し眠ってから夕飯をいただく。
 夕飯は僕の希望でシャブシャブになる。
 いい肉だったし、ガス釜で炊いたご飯がおいしかった。

 食事の後片付けが終わってから、実家を後にする。
 そうして深夜に大鹿村に戻ってきたのであった。

 会場に来ていただいた皆さん、場所を貸していただいた玉城さん、そして一緒に出展していただいた古工房さん、ありがとうございました。
 来年も大阪で再会できますように。


     ☆会場の様子

 ・古工房さんの展示
DSCF2836.jpg DSCF2835.jpg DSCF2837.jpg

 ・乗田の展示
DSCF2841.jpg DSCF2840.jpg DSCF2839.jpg

スポンサーサイト

テーマ : こんな事がありました!
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました。

毎度おいど。
って云っても知らないでしょうが。

それ程おしゃべりした気がしないのですが。
多分そう感じるのはきっと、
今年は居眠りの時間が少なかったからだと思います。
良く寝る子は育つ。
大きくなったんだねぇ。
良かった良かった。

こちらこそ、ありがとうございました。

 「毎度おいど」は聞いた事あります。
 誰が言ったかは知りませんが…

 あれだけいろいろな話をしたのに、それ程お喋りした気がしないというのが古さんの凄いところです。。
 今年は体調万全で過ごせたのでよかったです。
 また来年もやりましょう!

お初です

先日はひやかしもんに美味しい珈琲とチーズケーキ
ごちそうさまでした。指の筋トレも出来て楽しかったです(笑)
来年も作品を楽しみにしています、それではまた。

でもまさかあのヤングタウンにお住まいやったとは…。

コメントありがとうございます。

 先日はご来場いただき、ありがとうございました!
 来年もぜひ見に来てください。

 ヤングタウンには数か月しか住んでいませんでしたが、とても思い出深いです。
 いつか大学に行く時があったら、途中下車して泉ヶ丘にも寄ってみたいです。

プロフィール

atiron

Author:atiron
名前:乗田 忠明
生年:1977年
出身:京都市左京区

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
村民です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。