スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「大鹿村の手仕事展」 ~その2~

 今回の展示会から使っている什器。

DSCF2956.jpg

 僕がデザインを考えて、木工館の竹岡さんに作っていただいた物。

 奥行と高さが少しづつ小さくなっていて、両端を支えるボックスの中にも作品が置けるようになっている。
 これだと数もたくさん並べられるし、大きな物も展示できる。

 材は杉で、強度を考えて少し厚めにしてもらったが意外に軽い。
 予算を抑える為に安めの材になったのだが、少し濃いめの塗りが入った事でちょっと難のある節の部分なんかもいいアクセントになっている。

 あと、この什器をお願いする上で考えたのが持ち運びの便利さ。
 一番下の大きなボックスだけ裏板が付けてあるので、上の四つを入れ子状に収納する事ができるのだ。

 今後のメイン什器として活躍してくれる事間違いなし!

スポンサーサイト

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

atiron

Author:atiron
名前:乗田 忠明
生年:1977年
出身:京都市左京区

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
村民です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。