スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どんど焼き

001_convert_20090309094657.jpg


 昨日はうちの自治会の人たちが集まってのどんど焼きがあった。
 どんど焼きは、小正月に竹を組んだ物を門松やしめ飾りとともに燃やす行事で、その火で焼いた餅を食べるとその年の病を除いてくれると言われているそうだ。

 なにせ竹を燃やしているものだから、爆発音や火の粉がすごい。爆竹という言葉の意味を身をもって体感する事ができた。
 火がおさまったら串に刺した餅を焼きつつ、めいめいで持ち寄ったつまみを食べながら日本酒を一杯。

 地域によってやり方や言い伝えは様々なようだが、こっちでは餅を焼いた串の先を火であぶり、それを持ち帰って屋根の上に放り投げておくと火事から守ってくれるという事だった。

009_convert_20090115173101.jpg
↑竹の串

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

atiron

Author:atiron
名前:乗田 忠明
生年:1977年
出身:京都市左京区

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
村民です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。