スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海辺のカフカ

 先月、ネットでこんな物を買った。

少年カフカ

 村上春樹の小説「海辺のカフカ」が発売された当初、期間限定のサイトが運営されており、そこでは作者宛てにメッセージを送る事ができた。
 「少年 カフカ」はそこでの読者のメッセージと、それに対する村上氏の返事をメインに収録している。

 当時、僕は初めてパソコンを買ったばかりで「海カフ」のサイトもリアルタイムでチェックしていたので、それがまとめられて雑誌として発売された時には買わなかった。
 しかし、あれから10年以上が経って、すっかり忘れてしまった内容が気になってきたので購入したのだ。

 購入したもうひとつの理由は、僕の書いたメッセージが載っているから。
 今回、自分のメッセージを読んでみると、「自分はあの小説を読んだ後、こんな事をしたんだ」と意外だった。

 春樹さんが返事を書いたメッセージは全部で1220件ある。
 全てのメールに返事を書いた訳ではないので、その数倍のメールが村上春樹氏の元に送られた事になる。

 リアルタイムでちょっとづつ読んでいた時は気付かなかったが、この1220という数はけっこうとんでもない数だった。
 全てのメールに目を通し、その中のいくつかに返事を書くというのは途方もない作業だったんだろうなと想像した。

 「少年 カフカ」を全部読み終わってから小説の方を読もうと思っていたのだが、途中で本編が気になってきたので平行して読んでいた。
 先日雑誌の方は読み終え、今は小説の下巻の後半を読んでいる。

スポンサーサイト

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

atiron

Author:atiron
名前:乗田 忠明
生年:1977年
出身:京都市左京区

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
村民です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。