スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湯治

001_convert_20090401201454.jpg

 今日は用事があって下界へ下りたので、ついでに湯治の意味も込めて高森町にある日帰り入浴施設「信州たかもり温泉御大の館」へ行ってきた。

 靴を下駄箱に入れ、入口横の券売機で入館券(兼入浴券)を買う。
 お風呂の入口は2階。
 平日の昼間だけあって客は数人しかいない。

 昔から風呂は早い方で、せっかく温泉に行ってもカラスの行水で終わってしまう事が多い。
 それでは芯から温まらないので、意識的にゆっくり入る。

 体を洗ってから露天風呂へ。
 のぼせやすい僕にとっては外気が冷たく感じるぐらいの露天風呂はちょうどいい。

 入り終わって施設を後にし、買い物をして帰った。
 ここのところ毎日をゆっくりと過ごしている。

スポンサーサイト

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

atiron

Author:atiron
名前:乗田 忠明
生年:1977年
出身:京都市左京区

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
村民です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。